*All archives* |  *Admin*

2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
光と闇~レンブラント展
上野の国立西洋美術館で開催されているレンブラント展に行ってきました!

一言で言うと、行ってよかった!





「光と闇」というワードに惹かれて行きましたが、
今回までこのレンブラントという人を知らなかった上に(美術好きだけど知識はない)、
基本予備知識を入れずに行き、感性だけで鑑賞したい派なので、
入れ違いで出てくる人の

「版画が多かった」

という言葉で初めてこの人が版画の人(絵画もあるけど真骨頂という意味で)ということを知りました。。お恥ずかしい。

版画の良さは、正直あまりピンときていなかったもので、その言葉を聞いて
しくったかなー
と少し思ってしまいましたが、大大大反省。

パルマ展で宗教画の魅力に目覚めたように、やっぱり新しい出会いがあるからやめられない。
なるべく色々なタイプの展覧会に足を運ぼうと思いました。



印象は、ハッキリ言って地味。
結構人が来ていましたが、入れ違いで出てきた人たちみたいに、ちょっとがっかりした、という人もいたみたい。
版画は基本白黒だし、大きさも小さいし、何となくそういう気持ちもわかります。

だが、あなどるなかれ。
「白黒」なんて一言で片づけられない、あの深さ、重厚感。
版画だとは思えなかった。(と言うと版画を甘く見ているみたいかな;)
和紙を使っていたりして、紙だけであれほど印象が変わるものなのか、と驚かされた。

渋いというか、スルメ系です。噛めば噛むほどってやつ。
日本人は水墨画など、カラフルな豪華絢爛さとは違った美意識を持っているので、
そういう意味では日本人の感性に合った部分があったのかも知れない。
たまたまかも知れないが、いつもよりも割と年齢層高めだった気がします。



と言っても、実は本当の良さがわかったのは帰ってきた後だったりする。

展覧会には必ず図録がありますが、毎回買う訳ではないです。
今回も買うかどうか迷ってパラパラ見ていたのですが、
作品数を考慮に入れたとしても、文字の量半端ない。
半分英語とかいうオチではないです。
多分、今まで買った図録でトップレベルの厚さ。
なんか、気合を感じました。
これは買わねば、と思わされた。

ちなみにこちら。
手前はチケ。

レンブラント展戦利品



で、帰ってきてから気にいった作品のところを中心にパラパラと読んでいたのですが。
ステート(版画の刷りの段階、だそう)の違い、紙の違い、経年等による摩耗?で、同じものでもこんなに違うんだということを知りました。
版画をコピーと同じものと考えていた自分を大反省。
よく考えたら、自分自身も10代のうちは年賀状を版画(ゴムと木)で作っており、1枚ごとに違うというのはわかっていたはずだ。
初心を忘れるって怖い;

ハガキを買おうと思って、あまりのクオリティの低さにびっくりしましたが
(作り手の問題ではなく、カラーで魅せられない「版画」という性質上、ハガキ程度では再現するのが非常に困難ということ)
図録でさえ、「目を凝らさなければ見えない」ほどのモチーフなど、その限界を示す文章が幾度となく見られました。
図録では完全に潰れてしまって見えないので、文章で書くしかないのです。
ちなみに、勿論これも図録のクオリティが低い訳ではなく、再現の限界を上回るほどの繊細な描写ということ。

つまり、生でしか見れないものがまさにあるわけです。
凄い、レンブラント。



いつも1つ1つをじっくり…という見方ではなく、直感でビビっときた作品だけ立ち止まって見る、というスタイルなのに加え、
人が多かったこともあり、あまり近くでじっくりと見れなかったことをこれほど後悔した展覧会はない。

これはもう一度行かねば!



関連する他の方の作品も見られましたが、このコントラストの描写はレンブラントが断トツだった、と少なくとも自分は思いました。

レンブラントの作品には、≪書斎の学者(ファウスト)≫(図録P172)のように、緻密に描かれた部分とスケッチの様な部分が際立つ作品もありますが、
個人的には全体にわたってこれ以上ないくらい緻密に描かれた作品の方が好きです。
≪暗い室内の聖ヒエロニムス≫(P55)、≪蝋燭の明かりのもとで机に向かう書生≫(P121)、≪ヤン・シックス≫(P159)は特に好き。
これらの作品は特にコントラストが強く、また、特に闇の部分が非常に多く重厚なのが特徴です。
闇の部分をじっと見てると、うっすらとモチーフが見えてきて、まるで自分がまさに今闇の中にいて目を凝らしているような錯覚にすら陥る。。たまらない。

次こそは生で体感したい。





少し余談ですが、今回もキリスト教のモチーフが度々というかかなり見られました。
いわゆる「宗教画」とは違って、抽象的な印象は受けにくいですが。

昔の西洋芸術とキリスト教は切っても切り離せないもの。
美術館に行くのが好きな人は、別に宗教画を見ていて布教されているような気分にはならず、違和感なく見ていることだろう。
けれど、いざ生身の宗教としてのキリスト教となると、日本では宗教そのものがどことなくタブー視されるのは何故だろう。
弾圧の歴史と、何よりカルト宗教の影響は大きいのかな;
芸術(文化)としてはオッケーだけど、宗教としてはちょっと;(好き嫌いではなく、「宗教」というものそのものに対して引き気味な空気のこと)というのは、どうなんだろうと個人的には思う。。

なぜそんなことを思ったのかというと、
やっぱりキリスト教の知識が全くない人と、多少なりとも知っている人と、信仰している人とでは、全く感じ方が違うだろな、と思うのです。
例えば≪キリストとサマリアの女≫(P263)。
知っている人から見れば「あぁ、あの場面だな」と思いながら見るけれど、知らない人は「サマリアっていうところがあるのかな」という感じなのかな、と。
信仰がある人から見れば、言わずもがな。

ちなみに、私は信仰はないですがカトリックの学校の出身なので、真ん中です。
もちろん、作品を楽しむうえで知識は必要不可欠であるとは言わない。
私が極力前情報や技術的な知識を入れないで作品を見たいと思うのも、まず感性で見たいから。
けれど、宗教作品の場合は、その人個人の感性だけではなく「宗教」という大きなバックボーンがあり、
かつそれが作品の核に近いものである以上、
宗教作品に関してはある程度知識は必要ではないかな、と思います。
受ける感動の大きさが、やっぱり変わると思うんだよなぁ。

宗教と言うと抵抗があるかも知れませんが、
例えば源氏物語絵巻を見るのに、源氏物語の内容を少しでも知っているのと知らないのとでは全く違うだろうということです。
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 上野 レンブラント 国立西洋美術館 美術展 版画 光と闇

グアム旅行記・雑記2
●ギブ・アンド・テイク

日本にはない習慣、それが「チップ」。しかし、向こうでは出さないと失礼になってしまう。
最初はこれにかなり戸惑って、海外に何度か行ったことのある友達に「どういう時に出せばいいの?」と訊いたら、
「『ありがとう』と一緒に出せばいいんだよ」と言われ、なるほどと思った。

日本では、サービスは奉仕を意味する。
奉仕というのは、無償である。
お礼を渡そうとしても、辞退される場合も多いほど。
人のために何かをすることに見返りを求めない。
あるいは、「感謝の気持ち」という形のないもがそのままお礼となる。
「お客様の喜ぶ顔が一番」とは接客業によくある言葉だが、他者の喜び=自分の喜びなのである。
これはとても日本的な、自分が好きな精神だ。
利他的、自己犠牲、献身、そんな言葉がよく似合う民族性だと思う。

それに対し、アメリカ(他の国は知らないので)では「ギブ・アンド・テイク」である。
サービスを得るには、それ相応の報酬を渡す必要がある。
それがお金という形であることに抵抗を感じる人もいるかも知れない。
日本的精神にどっぷり浸ってきた自分は、まさにそうだった。
けれど、それは決してがめついとかそういうことではなく、極めて合理的なのである。
また、感謝の気持ちを具体的に示すものだ、と考えれば、納得がいく。
そういう文化に触れて初めて、無償でサービスを受けることが当たり前になってしまっている自分に気づく。
当たり前になってはいけないのだ。



●バス

前の記事でバスの話をしたが、決して私語などを話さず、事務的なアナウンスのみの日本の運転手とは違い、向こうの運転手はとにかくノリノリである。
常に音楽を流して、時々手拍子でお客を盛り上げる。
こういうところでも、日本の「滅私」的な部分に気づかされる。
日本のバスの中では、運転手はバスの一部だ。
存在を主張するのではなく、バスを円滑に運行することにのみ集中する。
これは、プラスもマイナスもある部分だと思う。
「滅私」は得意だが、「自己アピール」は下手な人も多いと思う、自分のように。

日本人は、このような気質にたぶん慣れていないのだろう。
日本人観光客だらけのグアムで、バスに日本人しか乗っていないことも多い。
そんな中、運転手が盛り上げようと手拍子を始めても、大喜びで盛り上がる自分たち以外(笑)誰ものってこない時があった。
恥ずかしいというのもあるんだろうけど。
無理をすべきとは言わないけれど、「郷に入っては郷に従え」という言葉もあるように、向こうの習慣を知り、それに合わせてみることも大事だと思う。



●ABCストア

グアムに行って一番の収穫がなんといってもこのABCストア!!(マートじゃないよ!!)
このABCストア、どこに行ってもあって安く売っている、いわばコンビニなのですが、「必要なもの」が何でもそろっている日本のコンビニとは違い、とにかくいろいろなものがあるんです!
食べ物・飲み物はもちろん、注目すべきはお土産類!!
これがまーいくら見ても飽きない!!
しかも店舗によって微妙に品ぞろえが違うのがまた面白いところ!

個人的オススメは、木でできた器類とご当地キティストラップグアム版、特にキティが日焼けしてる、通称「こげキティ」(勝手に命名)です♪
キティにはABCストアのロゴが入ってるんで、たぶん他のところにはないと思います!










いやー楽しかったですグアム!!
今回は海に始まり海に終わるというか、とにかく水を満喫したので、次回は是非内陸の方に行ってみたいと思っています。

3時間ほどで行けるし、日本語も通じるので行きやすいし、近いうちにまた行きたいな。

テーマ : グアム&サイパン
ジャンル : 旅行

tag : グアム

グアム旅行記・雑記1
●日本人が大好きなグアム

もう日本人しかいないっていうくらい日本人ばっかり。
やっぱり3時間ほどで行けるっていう手軽さが最大の要因だろうな。
他の国の人にとっては、オーシャンリゾートの選択肢は他にもたくさんあるんだろうけど。

街も日本語であふれてるし、ホテルの人間はもちろん、露店の店員まで、観光客と接点があるありとあらゆる人がペラペラまではいかなくても日本語を話せる。
テレビでは日本語のままで相撲が流れてたり。
だから、外国に来てるっていう感じがあんまりしない。
少なくとも言葉で困ることはなかった。

自分は外国人に対してかなりびびってるところがあって、「ハロー」さえ気軽には話せなかったし、外国人との接触を極力避けてきた。
偏見とかじゃなくて、単に未知のものに対する不安っていうか、言葉が通じないっていうことが大きな壁になってた。
けど、グアムに行って、グアムの人たちの明るさに触れて、英語が上手くなったりは全然しないけど、「ハロー」「サンキュー」「ソーリー」っていう簡単な言葉が、気負うことなく自然に口から出るようになってた。
外国人と話すのを避けていた自分が、笑顔で言葉をかけたり、一生懸命単語を探して伝えようとするようになった。

ホントに経験って大事だなって思った。
また少し世界が広がったかな。
自分みたいな人には、日本語もそこそこ通じるグアムみたいな国は、海外デビューに最適だと思う。



●日本食

街には結構日本食もあふれてたりする。
が、ここで日本食食べたらつまんない!
やっぱ海外に行くからにはそこの文化を楽しまなきゃ!!



●アメリカサイズ

なんでもでかい!
ファーストフードのボリュームとか(あれじゃ思いっきりちゃんとした食事だわ)、スーパーのカートとか、お菓子とか、道路とか、服とか、リムジンとか。



●気質

おおざっぱ・明るい・フレンドリー・遊び心満点。
みんな笑顔がステキ。

おおざっぱっていうのはマイナス面もあるけれど、逆に自分たち日本人がいかにキチキチの生活をしているかに気づかされる。

例えばバスの形。日本のバスみたいにきちんとした形のもあるけど、屋根と柵からできてるだけのすごいシンプルな形のバスもある。
もう排気ガス吸い放題みたいな(笑)というか、窓(ないけど;雨の時はビニール。笑)際は結構スリリング。
バスと言えば、またこれが揺れる揺れる!
おおげさじゃなくお尻が椅子から浮くくらいバウンドすることもしょっちゅう(笑)

日本だったら、そんなバス安全性の問題で却下だし、そんなバウンドしてたら苦情ばっかりだと思う。
もちろん、それはそれで一理あるんだけど、逆にそれを楽しめるくらい、日本人はもっと肩の力を抜いてもいいんじゃないかと思う。
最初はびっくりしたけど、みんなでバスのバウンドを「アトラクション」って言って楽しんでました(笑)

あと、やっぱり遊び心!
水族館のダイバーさんとか、バスの運転手さんとか。
街中に突然バンジーがあったり。
水族館をバーにしちゃうっていうのも面白い!
やってることはただイス並べるだけだけど(笑)その発想が日本人にはなかなかできないよなぁ。



●野菜

がほんっっっとにない…orz
自分で作る分にはもちろんいいんだけど。
外食ではまず足りない。

野菜分を補充しようにも、日本では当たり前の「野菜ジュース」が存在しない…泣
あっても、甘めのトマトジュースとニンジンジュースくらい。
野菜のミックスジュース、ましてや「1日これ1本」なんてのはなく。
日本食のよさ、日本人の健康志向を再認識しました。

その代り、フルーツジュースは結構充実してました!
これはなかなか嬉しかったです♪

テーマ : グアム&サイパン
ジャンル : 旅行

tag : グアム

グアム旅行記・3
最終日!

午前は、スヌーバとスカイダイビングに別れて行動。
自分はスヌーバを選択。(スカイダイビング、高かったんです…)
スカイダイビングやった友達は、その後気持ち悪くなって死んでました(笑)



●スヌーバ

スキューバの簡単バージョン。免許も要りません。
詳しくはこちらhttp://www.realworlddiving.com/snuba.html
場所はイパオ・ビーチ。
海洋公園内なので、浜辺も整備されていてとてもキレイです。

メガネはかけられないが、なんと度付きのゴーグル(?)が!!(感涙)

このスヌーバ、自分は慣れるのに相当時間がかかりました。
まず、鼻を塞がれるのに慣れていないので、なかなか口呼吸がうまくできない。
さらに、水泳も小学校まで、海もプールも普段ほとんど行かない自分にとって、「水に長時間潜る」ということが想像以上に怖い。
けれど、緊張しているのを感じとってくれたスタッフさんが、マンツーマンで指導してくれ、いろいろジョークを言ったりして和ませてくれたおかげで、無事もぐることができました!

海の中は絶景!
よく写真で真っ青に澄み切った海、サンゴに色とりどりの魚たちっていうのがあるけど、あんなん脚色だろと思ってた自分の目の前に、それがそのまま広がってる!
す げ ぇ 。

魚のエサを手に持ってちょっとずつ離すと、魚たちが寄ってくる寄ってくる!
めっちゃつつかれます。意外と痛い(笑)
ニモで有名なクマノミの面白い行動(楽しみにとっておきたい方のために、追記の方に書きます)も見られます!

潜っている様子はビデオで撮影してくれており、DVDにしてくれます!(有料)

最後に一つアドバイス。
トイレは潜る直前に行っておきましょう。泣
途中でトイレに行きたくなってしまい、マジで死にそうになりました;
(数人で一つのボンベを使うので、1回沖に出たら終わるまで戻れません。)



●グアム・プレミア・アウトレット

思ったより店舗数が少なかったなぁ。
けど、個人的に気に入ったお店はありました!アメリカン・ビンテージっていうお店。
お金があったら買い物したかった。泣

ただ、どこも結構ガンガン売ってくるので、押しに弱い人はそれなりの覚悟をした方がいいかも;
迷う時間を与えてくれません;
しかもみんな日本語ばっちりなので、「アイ・キャント・スピーク・イングリッシュ」が通じません。笑



●チャモロ・ビレッジ

ブランド物より民芸品な自分には、最高の場所!
毎週水曜の夜はナイト・マーケットが開催され、熱気ムンムンのお祭りムード!!
ここは観光客はもちろん、現地の人がたくさんいるというより現地の人が主役なので、現地のムードを存分に楽しめます!

名前にあるとおり、チャモロ人のお祭りなので、チャモロ文化を存分に体験できます!
個人的にこういうのが大好きなので、とにかく楽しかった!
たくさんの露店があり、民芸品、食べ物などがあった。
民芸品はよく見るアロハシャツの他、木でできたものが多かった気がする。ヤシとか、バナナの木とかでできているらしい。
食べ物屋では、日本人がいかにも好きそうな、ココナッツの実に穴をあけてストローで飲むジュースがあったり(笑)
ステージでは女の子が腰を振り振りテンポのいいダンス、ホールではライブが行われていて大盛り上がり。

んーどれも最高!!
チャモロ文化、好きだなぁ。

この祭り、観光客向けに始めたイベントなのか、古くからある伝統的なものなのか、すごく気になる。
もちろん、昔からあったとしてもいくらかは観光客向けにシフトしていった部分もあるだろうけど。
伝統的に毎週このテンションでやってるんだったら、本当にいいなぁと思う。
これは「イベント」じゃなくて、彼らにとっては「日常」なんだから。
サイコーに明るくて温かい!

チャモロ文化の歴史を知りたくなった。



そしてホテルへ戻り、2時くらいまで時間をつぶし、4時頃の飛行機で日本へ。7時過ぎに成田着。
ビバグアム!!

続きを読む

テーマ : グアム&サイパン
ジャンル : 旅行

tag : グアム

グアム旅行記・2日目
●オンワード・ウォーターパーク

4種類のウォータースライダー、流れるプール、カヌー、ジェットスキー、パラセーリングなどなど、とにかく1日フルで遊べるウォーターパーク!
午前中から夕方まで、思いっきり遊んだ。

パーク内のビーチはかなりの遠浅で、ジェットスキーが浮いてるところまで歩いて行ったのがなんか不思議な気分だった。

真夏だったらものすごい混雑なんだろうけど、今回は適度に空いててかなり快適だった。



●Kマート

お土産を買う。
ここは食品関係が充実しているみたい。

普通のスーパーなので、半分は土産ゾーン、半分は日用品ゾーンという感じ。



●チャモロ亭レストラン

オハナ・オーシャンビュー・グアム内のレストラン。

チャモロ人っていうのは、グアムの先住民らしいです。
アメリカのジャンクフード、典型的なボリューム肉料理には疲れてしまったけど、このチャモロ料理は全然違って、素朴なやさしい味が多かった。
日本人の舌にはとても合うと思う!美味しかった!

数人で行く場合は、コースを頼むよりそれぞれ好きなものを単品で頼んで、みんなで色々な料理をちょっとずつつつき合うのが乙。



●アンダー・ウォーター・ワールド海底ラウンジ

昼間は水族館、夜はバー。魚を見ながらお酒が飲めます!
ダイバーさんたちが面白いことをやってくれたり、雰囲気は最高!
堅苦しいバーでもなく、かといってわいわい騒ぐところでもないので、気楽にまったり飲むには最適!

ただし、水族館なので入場料を取られます。
ちょっとコストはかかるけど、行く価値は十分にあります!

個人的にタマカイっていう魚のスローさがたまらなかった(笑)
あと、なんていう魚かわからなかったけど、阪神の藤川に顔が似てるって言うんでみんなで「球児」って呼んでた魚が、たぶんオスとメスだけど、1匹がもう1匹のヒレを噛んでずーっと泳いでて、それがめっちゃかわいかった!
あの行動は一体どういう意味があるんだろう?



この後部屋で飲む予定が、想像以上にみんな疲れてたのとバーでのお酒のせいで、みんな即寝(笑)

テーマ : グアム&サイパン
ジャンル : 旅行

tag : グアム

なんとなく一言
管理人

映(えい)

  • Author:映(えい)
  • マイペース更新。

    ラーメンを食べながら、時々本を読む社会人。
    心を揺さぶる本、価値観を変えてくれる本、爽やかさとともに苦さや切なさを感じさせる本、表現が美しい本、静かな感動を起こしてくれる本、心の奥深くに沁みる本、重さの中にも透徹した雰囲気を持つ本、知的好奇心をくすぐってくれる本、が好きです。


    おもしろそうなのがあったので始めてみた→コトノハ



    【お知らせ】
    PCのお気に入りに登録していたブログをサイドバーのリンクリストに移してます。
    あくまで自分のお気に入り的な感覚なので、「リンクする場合はご一報ください」などの断り書きのないブログさんは特に報告をしていません。
    被リンクを拒否したい方はお手数ですがコメントください。

    本ブログはもちろんリンクフリーです。
    (商用・アダルト・掲示板ログ的なブログを除く)








    ↓カウンター↓




    ↓ランキング参加中。気が向いたら応援よろしくお願いします。↓
    にほんブログ村 その他日記ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村
    ランキングバナー

    ↓新たなブログとの出逢いに。↓
    BlogPeopleガチャガチャブログ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ

2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【3件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【3件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【2件】
2015年 02月 【3件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 02月 【3件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 03月 【2件】
2012年 12月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 05月 【2件】
2011年 04月 【4件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【9件】
2010年 11月 【2件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【2件】
2010年 04月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【4件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【6件】
2009年 07月 【9件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【8件】
2009年 04月 【5件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【7件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【6件】
2008年 08月 【7件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【7件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【14件】
2008年 03月 【17件】
2008年 02月 【24件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【10件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【13件】
2007年 09月 【11件】
2007年 08月 【21件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【4件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【8件】
2007年 02月 【3件】
2007年 01月 【4件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【3件】
2006年 10月 【3件】
2006年 07月 【2件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【16件】
2006年 04月 【8件】
2006年 03月 【6件】
2006年 02月 【4件】
2006年 01月 【4件】

カテゴリー
記事
コメント
トラックバック
検索フォーム
RSSリンク
御用達
倉庫



↓ダジャレ図鑑(笑)↓



リンク(サイト名マウスオンで説明表示~)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。