*All archives* |  *Admin*

2008/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もっとメジャーになってもいいと思うんだけどな。
朝から飲みたくて仕方なくて、自販機を探し回ったが意外とない。

諦めたところで上野公園内で発見。









伊藤園のアップルティー。

いや24本も要らないんですけどね;
写メの代わりで探したらこれしかなかった。
もし伊藤園のアップルティー好きーな人いたらどうぞリンク先よりご購入ください。24本(特価ですよ!)。




さて本題に戻しますと。

伊藤園はおいといて、アップルティーってなかなか売られてない。
リプトンのパックとか、一部のマックのアップルティーソーダ(これがまたウマイ!)くらいしかない。
でもこれは持ち歩けない。

そんな中、500mlペットを出してくれていた伊藤園。
ここのアップルティーは、中学時代から愛飲しておりました。購買に置いてあったのです。
でもここ数年500mlペットは見ていない気がする。
…と思ったらあったー!!みつみつりんごのアップルティー
でもなかなか置いてあるところがないんじゃ意味がない。

おーいお茶は嫌いだけど、伊藤園愛してるぞー!
もっとみつみつりんご~を広めてください。今日飲んだやつよりこっちのが断然ウマイです。



アップルティーって、そんなファン人口少ないんかなぁ。
いたら拍手押してください。
数少ない訪問者の中に一人でもいたら、小躍りして喜びます。



ちなみに、楽天で検索したらこんなんも出てきました。
アップルティーファンの方のために。

リプトン500mlペット。

けっこうお得。ちなみにこれも24本ですのでご注意。

アサヒ500mlペット。


意外と存在してた500mlペット。
でも、ミルクティーやレモンティーに比べると圧倒的に認知度と普及率が低いんですよね。








余談。

キュウリの話に拍手が!!
だいぶ前の記事なのに…(感涙

これ周りの人にあんまわかってもらえないから嬉しいです!!
スポンサーサイト

tag : 上野 アップルティー 伊藤園 アサヒ リプトン

香港粥麺専家@飯田橋ラムラ
個人的主観による点数70点

食べたメニュー海老雲呑麺(630円)

データ
【店舗】飯田橋ラムラ1F。店内はL字型になっており、見かけより広い。
【スープ】黄金色に透きとおったスープ。わずかに醤油っぽい味。本場の味はわからないが、日本人好みだなという感じ。
【麺】極細、ごわっとした食感。自分は好きだが、好みは分かれそう。
【具】ねぎ、雲呑(海老、豚肉、生姜の香り)、ホウレン草、なんか味のついた野菜?

感想等
・ラーメンとは違うみたいです。珍しく正統派ラーメンから脱線。
・お値段はリーズナブル。雰囲気も良く、女性客も多い。
・雲呑は餡がかなり少なく、上品な感じ。そのかわり数が多い。7,8個入っていた気が。海老の香りと、生姜の香りが強い。野菜もそうだが味が濃い目で、スープがかなりさっぱりしているのでちょうどいい。
・前に坦々麺を食べたが、そっちの方が好みかも。
・お粥もあるので、今度はそっちにトライしてみたいです。

HP
香港粥麺専家飯田橋ラムラ店
HPが工事中。ラムラの割にはとにかく情報が少なく、探すのに苦労しました;








「わんたん」って「雲を呑む」って書くんですね。
確かに、あの皮?はそんな感じかも。









注:

続きを読む

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : ラーメン 香港粥麺専家 飯田橋 ラムラ わんたん 雲呑

こんな独り言のような日記でも。(BlogPet)
映の「こんな独り言のような日記でも。」のまねしてかいてみるね

拍手をもらえるとちょっと嬉しい。
拍手機能って思ってくれた人がわかるから!!
コメントはなくてくれた人がわかるから。
拍手をもらえるとちょっと嬉しい!
コメントはなくても、「おっ共感できるな」って思ってくれた人がわかるから!
拍手機能ってことがわかるから♪
コメントはなくても、「おっ共感できるな」っていいね!

*このエントリは、ブログペットの「たいまる」が書きました。
タモリのTokyo坂道美学入門
『タモリのTokyo坂道美学入門』 タモリ



タモリの「よい坂」の条件は―
1 勾配が急である
2 湾曲している
3 まわりに江戸の風情がある
4 名前にいわれがある
(帯より)







タモリ氏が写真・文ともに手がけた、坂道ガイド。

東京のいろいろな坂の写真、名前の由来や訪れた時のエピソードなどの解説、さらには周辺ガイドまで、中身はかなり盛りだくさん。
なので、坂道そのものには興味がなくても十分楽しめる本。



大都会・東京の中にも、こんなに風情がある場所がたくさんあるんだ、と感嘆する。

この本では坂にスポットを当てて見ているわけだが、何気ない坂道ひとつとっても、そこには何十年、何百年の歴史があり、そこに息づく人たちの温度がある。

新しいショップや娯楽施設がどんどん造られていく中、忘れられ、あるいは失われてゆく文化だったり、歴史だったり、人の触れ合いだったり…
そういうものの中にある素晴らしさみたいなものを、改めて感じる。



この本を読んだら、きっと散歩に行きたくなります。



「ほとんど誰も興味を持たない」とか書かれていたけれど、日本坂道学会、自分も入りたいです(笑








今まで読んだ本の記録→本棚

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

tag : 講談社 タモリ 坂道 タモリのTokyo坂道美学入門 Tokyo一週間

こんな独り言のような日記でも。
拍手をもらえるとちょっと嬉しい。



コメントはなくても、

「おっ共感できるな」

って思ってくれた人が確実にいたんだってことがわかるから。



拍手機能っていいね!

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

報道のあり方
今日は、久しぶりに真面目な話を書きます。





国民みんなが注目したであろう、光市母子殺害事件の差し戻し控訴審判決が、今日出た。

死刑、だそうだ。

これは高裁だから、まだ最高裁が残ってるわけだけど、1、2審で無期判決から差し戻し控訴審で今回死刑判決が出されたことを考えると、最高裁で無期はまずないだろうなとは思うけど。






今回、このニュースを取り上げたのは、この事件に関する感想を書きたかった訳ではなくて。



mixiでたまたま見かけた2つの記事。

光母子殺害事件、元少年に死刑判決

光母子殺害:「世論の逆風」と闘い…弁護団



本村さんに着目した記事、
そして、
少年の弁護団に着目した記事。



興味深いなと思ったのは、どちらも同じ毎日新聞社から出た記事であり、さらによく見てみると、どちらも同じ記者(片方は複数名によるものだが)による記事だったからだ。









本来、報道は事実のみを多角的な視点で伝えるべきもので、ひとつの視点に偏ってはならないはずだ。
なぜなら、その事実をどう受け止めるか(感情として)は個々人の自由であり、それはいろいろな見方をして、公平な事実判断をした上で初めて出されるものでなければならないからだ。

だが、特にこのような卑劣な犯罪に対する報道では、被害者の視点に立った報道のみが加速してしまいがちだ。



さらに問題なのは、新聞ではあまりないが(事実の歪曲や誤解を与える表現は見られるが、今はそれは置いておいて)、テレビの場合、「キャスターのコメンテーター化」が最近目に余るようになった。(コメンテーターという言葉使いが相応しくなかったらご指摘ください。訂正いたします。)

つまり、本来事実を伝えるのみにとどまらなくてはならない(と私は思う)キャスター自身が、自分の主観を堂々と述べてしまうのである。
それも新人ではなく、ベテランのキャスターがこれ見よがしに自分の意見をべらべら述べているのだから、呆れ返ってしまう。
(この点では、NHKやニュースJAPANの報道スタイルはクリーンだと思う。)

ただでさえ「ある特定の視点」という制限に加え、さらに「ある個人の感情」が加わることで、見る側もそれを無意識に自分のものとして受けとめてしまうところに恐ろしさがある。
世論のコントロールである。



こうしたことは冤罪の場合だと大きく問題視されるが、今回の事件のように大半の人が抱くであろうと思われる感情の場合、ほとんど問題視されない。
だが、それはあくまでも結果論ではないか。

何のためにキャスターとゲスト、コメンテーターが分かれているのか。









こういうことを考えていた時に、同じ記者によって書かれた二つの記事を見た。
当たり前のことだが、どちらも感情に訴えるのではなく、それぞれの立場を見て事実を淡々と述べたものである。

改めて、報道の本来のあり方を考えさせられた。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

tag : ニュース 報道 新聞 光市 母子殺害事件

不親切(BlogPet)
きょう映と、不親切っぽい閉店するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「たいまる」が書きました。
勝龍軒@市ヶ谷
個人的主観による点数75点

食べたメニューラーメン+替え玉(計600円)

データ
【店舗】飯田橋と市ヶ谷の間の外堀通り沿いにある。某有名店が近くにあるため、影は薄いが、大学が近いため、我が部と友人はよくお世話になっている。(と言うと大学がバレそうだが;)最近リニューアルオープンし、面影がすっかりなくなってしまった。
【スープ】クリーミーできめ細かいとんこつスープ。
【麺】極細ストレート、低加水率。
【具】チャーシュー、ねぎ、きくらげ、焦がしねぎかにんにくかどっちか、キャベツ(新しく加わった。)

感想等
・味は決して一流ではなく、むしろ二流だが、好きでよく行くところ。
・リニューアルオープン前は、もっとぼろい感じで、サラリーマンの常連のおっちゃんたちが集まるような店だったが、リニューアルして妙にスタイリッシュになって面影がなくなってしまい、ちょっと寂しい。
・味は、キャベツが加わった以外はあまり変わらない。が、店主がバンコクに支店を出したため、交代。前はおっちゃんが一人でやっていた。おっちゃんがやっていた時、1年半ほど前に一度味が変わった。だが個人的には前の(今から数えると、前の前の)味の方が好き。そっちなら、個人的には85点以上。
・今の味はちょっとなぁ…という部分はあるが、コストパフォーマンスがよすぎるのと愛着があるのとで、これからも時々友人と食べに行くつもり。
・とにかく、ここを知ってもらいたいという気持ちで記事にした。これからここを訪れる舌の肥えた方々は、今まで私が記事にしてきたみたいないわゆる有名店のような一流を求めないで、気楽に行ってほしい。二流には二流のよさがある。

HP
勝龍軒
前はHPすら存在していなかったと思う;









注:

続きを読む

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : ラーメン とんこつ 市ヶ谷 博多 長浜 勝龍軒

2種類の抹茶だいふくを食べてみた。(BlogPet)
映の「2種類の抹茶だいふくを食べてみた。」のまねしてかいてみるね

「千年の香り千紀園」のかも知れないです♪

*このエントリは、ブログペットの「たいまる」が書きました。
2種類の抹茶だいふくを食べてみた。
「抹茶スイーツ宇治茶 伊藤久右衛門」宇治抹茶だいふく




「千年の香り 千紀園」宇治抹茶だいふく 和三盆仕立て




久右衛門の方は、餡が写真でイメージしていたほど濃厚じゃなかったのでちょっとがっかり。
でも皮はすごくやわらかくて美味しかった!
抹茶の粉末もついてくるので、お好みでかけられます。
全体的にスッキリしていて上品な感じ。



千紀園の方は、食べた瞬間に「おおっ!」となるほど濃厚な餡!
細かくされた抹茶の葉も見えるくらい、がっつり抹茶です。
甘くはなく、抹茶の香りを思う存分楽しめます。
ただ、皮については、固くて個人的にはうーん…な感じでした。
でもこのくらいずっしりくる餡には、逆にこういう皮のほうが合ってるのかも知れないです。
全体的に抹茶の味・香りがずっしりくる、骨太な感じ。



というわけで、2種類食べてみた感想としては、皮は久右衛門、餡は千紀園っていう感じです。

テーマ : お取り寄せスイーツ
ジャンル : グルメ

tag : 抹茶 だいふく 大福 楽天 京都 宇治茶 千紀園 伊藤久右衛門

凸凹3人組。
テレ朝のニュース番組「スーパーJチャンネル」の中のコーナー、「東京見聞録」が面白い。

サヘル、アナスタシア、アンドリューの外人3人組が、東京のいろいろな街を紹介するコーナー。
サヘルさんは、滝川クリステルアナのパロディーの「滝川クリサヘル」で有名です。笑



このコーナーがとにかく面白い!
3人とも日本語はペラペラで、あの外人顔で(もちろん本物の外人さんだけど)日本の文化を語るミスマッチがいい。
「日本が好きな外人さん」じゃなくて、まるで日本人みたいなことを言うから面白いのである。

今日は竹トンボを飛ばしていた。

このコーナーを見ていると、普段意識することのない「日本人らしさ」みたいなものを思い出させてくれる気がする。

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : テレ朝 スーパーJチャンネル サヘル アナスタシア アンドリュー

中森明菜に宣伝した(BlogPet)
きょう、映は移動したかった。
それできょう映と、中森明菜に宣伝した?

*このエントリは、ブログペットの「たいまる」が書きました。
一蘭@上野
個人的主観による点数95点

食べたメニューラーメン+半替え玉(計850円)(ラーメンは「ラーメン」一種類のみ。かわりに色々カスタマイズできます。)

データ
【店舗】アトレ上野内(外?)。ラクーア店、池袋店にも行ったことがありますが、上野という場所は一人の時間をのんびり楽しむ人が多いという土地柄、上野店が一番入りやすい。わざわざ上野まで足を運んで食べてます。味も3つの中ではここが一番いい。ばらつきもない。(数回行っただけなのであまり参考にはならないが、ラクーア店は味が薄め、池袋店は濃いめという印象を受けた。)
【スープ】甘くて、深い。サッパリではないがこってり度はそんなに強くない。バター?様の甘みがある。
【麺】極細ストレート、低加水率。
【具】チャーシュー、ねぎ(青ねぎ・白ねぎは選べます)、秘伝のたれ。

感想等
・自分的ナンバーワン。誰がなんと言おうとナンバーワン。95点は、これ以上のラーメンが見つかるかもという期待をこめて。
・スープは他にない味(康竜のぞく)。一度食べてください。最初はこういうラーメンを食べたことがなかったこともあり、物足りないような変な感じがして評価は低かったのだが、気づいたらヤミツキになっていた。じわじわきます。最低月1では行ってます。
・トッピングで卵もつけられるが、殻が非常にむきにくい。それに一蘭のラーメンに関してはねぎとチャーシューで十分だと自分は思うため、トッピングを頼んだのは最初に行った時だけです。
・システム的にかなり特徴があり、なんといっても「細かいカスタマイズ」と「味集中カウンター」、そして「半替え玉」。後者の二つは、女性にとってはすごくありがたいです。女一人でも入れる、貴重なラーメン屋。
・色々な面で、自分のラーメン観がひっくり返されたお店。

HP
一蘭





一蘭はホントに好きです。
何がいいかと言われても、言葉にできません。むしろ全部好きです。

ストレスが溜まると、上野に来てのんびり散歩して、人がはけた頃にこっそり一蘭に行きます。
上野の街そのものも、本当に好きです。





運動の後の炭酸、
ストレスが溜まった時のラーメン。

これがなかったらたぶん生きていけません。







注:

続きを読む

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : とんこつ ラーメン 一蘭 上野

使いにくさ一つ解決!
この記事で書いた、

「フラットポイントをちょっと触るだけでクリックと認識してしまう・・・」

という悩みが解決!!



この機能、「タッピング」というらしい。
これを無効にすればいいんですね。っていうかそんな機能があると思わなかった;

ちなみに、フラットポイントの他の機能は残ります。単なるカーソル移動とか。





機種によって違うだろうけど、一応参考程度にどぞ。
ちなみにVistaです。

コントロールパネル

ハードウェアとサウンド

マウス

デバイス設定

Synaptics TouchPad V6.2

設定

タップ

「タップ機能を使用する」チェックボックスのチェックをはずす

OK

テーマ : ヾ( ^ω^)ノワーイ
ジャンル : 日記

tag : Vista フラットポイント タッピング タップ機能 無効

なんとなく一言
管理人

映(えい)

  • Author:映(えい)
  • マイペース更新。

    ラーメンを食べながら、時々本を読む社会人。
    心を揺さぶる本、価値観を変えてくれる本、爽やかさとともに苦さや切なさを感じさせる本、表現が美しい本、静かな感動を起こしてくれる本、心の奥深くに沁みる本、重さの中にも透徹した雰囲気を持つ本、知的好奇心をくすぐってくれる本、が好きです。


    おもしろそうなのがあったので始めてみた→コトノハ



    【お知らせ】
    PCのお気に入りに登録していたブログをサイドバーのリンクリストに移してます。
    あくまで自分のお気に入り的な感覚なので、「リンクする場合はご一報ください」などの断り書きのないブログさんは特に報告をしていません。
    被リンクを拒否したい方はお手数ですがコメントください。

    本ブログはもちろんリンクフリーです。
    (商用・アダルト・掲示板ログ的なブログを除く)








    ↓カウンター↓




    ↓ランキング参加中。気が向いたら応援よろしくお願いします。↓
    にほんブログ村 その他日記ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村
    ランキングバナー

    ↓新たなブログとの出逢いに。↓
    BlogPeopleガチャガチャブログ
カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ

2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【3件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【3件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【2件】
2015年 02月 【3件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 02月 【3件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 03月 【2件】
2012年 12月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 05月 【2件】
2011年 04月 【4件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【9件】
2010年 11月 【2件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【2件】
2010年 04月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【4件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【6件】
2009年 07月 【9件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【8件】
2009年 04月 【5件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【7件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【6件】
2008年 08月 【7件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【7件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【14件】
2008年 03月 【17件】
2008年 02月 【24件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【10件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【13件】
2007年 09月 【11件】
2007年 08月 【21件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【4件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【8件】
2007年 02月 【3件】
2007年 01月 【4件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【3件】
2006年 10月 【3件】
2006年 07月 【2件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【16件】
2006年 04月 【8件】
2006年 03月 【6件】
2006年 02月 【4件】
2006年 01月 【4件】

カテゴリー
記事
コメント
トラックバック
検索フォーム
RSSリンク
御用達
倉庫



↓ダジャレ図鑑(笑)↓



リンク(サイト名マウスオンで説明表示~)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。