*All archives* |  *Admin*

2015/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
独り言:「アンフェア」シリーズ(ドラマ、映画版)
ドラマでハマって、映画もいくつかは観たのだが、やっぱり映画版はしっくりこない。(ちなみに、原作は読んでいません。)



アンフェアシリーズの魅力として、よく「裏切り」がキーワードとして出てくる。
けれど、ドラマでハマった身からすると、やっぱり「愛」がなければ「裏切り」も活きない訳で、「愛」あってこそだと思うんだよなぁ。
映画版は回を追うにつれて、ただ裏切りと陰謀だけが筋になっていて、雪平と登場人物との関わりがなんだかそこにくっついてくるおまけのように感じられる。
事件一つ一つをとってもそう。ドラマ版では、犯人の動機に何かしらの信念や感情が感じられたのに対して、映画版では回を追うごとにただの保身と欲望にまみれていく。

裏切りやら陰謀やらのストーリーを軸にそこに愛がくっついてくるのと、愛を軸にストーリーが展開されるのとでは、全く重みが違ってくるように思う。
そう考えると、やっぱり、私の中でのアンフェアシリーズのピークは、ドラマ版だ。
安藤なくしてアンフェアは語れない。安藤の雪平に対する想いは、愛と憎しみと悲しみが交錯して見るものを引きこむ力があったし、だからこそ最終回では泣かされた。

映画版には、それがない。
もちろん、その後のシリーズでも、何人か(ネタバレになるといけないので書きませんが)雪平を愛していたり、また雪平の方も愛しているような説明的な描写はあるが、掘り下げがなく、説得力がない。(と個人的には思う・・・)
まぁ、関係性の掘り下げという意味では、ドラマ版と映画版との間には尺の長さという圧倒的な壁があるから、時間をかけて二人の関係を深めてきたドラマ版に比べて映画版での関係性が軽く感じるのは仕方ないのかも知れないけれど。



本来の「アンフェア」はミステリやサスペンス要素が強いのかも知れないけれど、ドラマから入ると、全く印象が違うんだよなぁ。
スポンサーサイト

tag : アンフェア

ラーメン備忘録18
今回から本と同じように評価を★の数で表すことにします。(基準は末尾参照)


◎エースコック…芳醇香味 塩そば(240円(税別))→★☆☆☆☆

エースコック 芳醇香味 塩そば

パッケージを開けた途端、香ばしいえびの香り、かやくには桜えびが入っている。
お湯を入れて5分待ち、いよいよ実食。
ふたを開けると、おお、湯気とともにえびの香り!これは期待!
スープを一口。お、えびの香り!…が、味がない…!
よくあるパターンでした。残念。
とは言え、エースコックといえば麺。安定のノンフライ麺。このもちもちした感じが好きなんです!
…が、これまたびっくりするほどスープが麺に絡まない!
麺だけで食べているような感覚でした。。。
エースコックでここまで残念なのは久しぶりだなぁ。
繊細な味を求めたのだろうけれど、繊細すぎてわかりません;






◎明星食品…大盛 新熊本ラーメン(205円(税別))→★★★★☆

新熊本ラーメン

フライドガーリックとマー油をアピールしているだけあり、どちらもガツンとくる!
期待通りの味でした。
思った以上によかったのは麺。
低加水のストレート麺で、カップとは思えない歯ごたえだった。






◎寿がきや…京都濃厚白湯ラーメン(227円(税別))→★★☆☆☆

京都濃厚白湯ラーメン

不味くはないが、特筆すべき点なし。
寿がきやのが前回良かったので期待しすぎた…






◎日清食品…一平ちゃん チーズみそとんこつ味(185円(税別))→★★★☆☆

一平ちゃんチーズみそとんこつ

味噌が主役(味噌>とんこつ)。全体的に美味しいが無難。
具のキャベツとニラの歯応えは○






◎明星食品…地域の名店シリーズ もちもちの木 中華そば(278円(税込))→★★★★★

(公式ページがなかったので、画像なしです)

スープは魚の香りがしっかり利いている。
具はメンマ、チャーシュー、ネギとシンプル。
チャーシューは貧相だが、ネギとメンマは素晴らしい。
ネギは香りと辛味がしっかり残っている。
何より驚いたのはメンマ。フリーズドライとは思えない歯応えとみずみずしさ。
カップ麺でこのクオリティのメンマは初めて。
衝撃を受けました。






◎明星食品…地域の名店シリーズ もちもちの木 味噌拉麺(278円(税込))→★★★★★文句なしNo.1!!

もちもちの木 味噌

うまいの一言!
前回の醤油ベースのラーメンのときも凄いと思ったが、それを超えた。
相変わらずの衝撃のメンマともちもちの麺がたまらない!
濃厚な味噌スープも美味しい。
甘めの味噌に香辛料の辛みで、バランスの良い飽きない味。個人的にとても好きな味。
今まで食べたカップ麺の中でNo1!
唯一惜しむらくは、具がもう少しあれば…!






◎エースコック…麺1.5玉濃コク豚骨しょうゆ(230円(税別))→★★★★☆

エースコック 濃コク豚骨しょうゆ

麺は多加水ノンフライ麺。
麺を売りにしているだけあって、そこそこ美味しい。
具はキャベツ以外には特筆すべきところはないが、スープは美味しい。
少しとろみのあるスープは、パンチはないが、万人受けする味。
今まで食べた豚骨しょうゆ系では一番かも。






◎東洋水産…マルちゃん サバだしラーメン(200円(税別))→★★★☆☆

サバだしラーメン

決して不味くはなく普通に美味しい。麺も好きなタイプ。
が、商品名からサバを期待しすぎてしまった。
魚の香りはするが、サバらしさは感じず。
具も全く特徴がないので、スープもそうだと凹む。






◎日清食品…カップヌードルとんこつBIG(205円(税別))→★☆☆☆☆

カップヌードルとんこつ

スープが好きな味ではなかったのもあるが、そもそもカップヌードルシリーズの麺にはとんこつは合わないと思う。






◎エースコック…スーパーカップ1.5倍 鯛白湯ラーメン(190円(税別))→★★★★☆

スーパーカップ 鯛白湯

鶏白湯はよく見るが、鯛白湯は初めて見た。
鯛感は全くなかったのが残念だけど、好きな味。
最近カップ麺で外れが多かったので嬉しい。



+++++++++++++++++

☆☆☆☆☆→これはない  0点
★☆☆☆☆→苦手  1点~
★★☆☆☆→イマイチ  30点~
★★★☆☆→無難  50点~
★★★★☆→なかなか  75点~
★★★★★→最高!  95点~100点

●→店舗
◎→インスタント

テーマ : カップめん
ジャンル : グルメ

tag : ラーメン 明星 日清 エースコック 寿がきや 東洋水産

疾走
『疾走』上下 重松清 ★★★★★



広大な干拓地と水平線が広がる町に暮す中学生のシュウジは、寡黙な父と気弱な母、地元有数の進学校に通う兄の四人家族だった。
教会に顔を出しながら陸上に励むシュウジ。が、町に一大リゾートの開発計画が持ち上がり、優秀だったはずの兄が犯したある犯罪をきっかけに、シュウジ一家はたちまち苦難の道へと追い込まれる……。
十五歳の少年が背負った苛烈な運命を描いて、各紙誌で絶賛された、奇跡の衝撃作、堂々の文庫化!(上巻裏表紙より)







学生の頃に読んで、しばらく抜け出せないくらいの衝撃を受けた作品。
感想を書こうと思ってもなかなか書けず、いつの間にか読んでから10年近くが経ってしまった。
レビューを書くにあたり、ところどころ読み返したが、やっぱり重かった。

家族や思春期の少年少女を描いた、アットホームで温かい作品が多い重松清だが、この作品は真逆を行く。
「ひとり」の少年を描いた、重く、苦しく、生々しく、痛々しい作品だ。
私はこの作品が初めての重松作品だったから、その後スタンダードな重松作品を読んで、驚いた。



この作品では、主人公のシュウジを徹底的に「ひとり」にする。
家族が残酷なまでにバラバラになり、誰かと繋がったと思ったら、遠くに行ってしまったり、関係が崩れてしまったり、死んでしまったりして、結局「ひとり」になる。
それが顕著にあらわれているのが、語り口。
この作品は、シュウジを主人公にした「おまえ」という二人称で書かれている。
読んでいくうちにわかるのだが、二人称の語り手は作中に登場する神父だ。
こうしてシュウジは、徹底して一人になる。
最後に物語としては少し希望が見えるが、シュウジ自身の幸せではない。

ここまで少年を追い詰める必要があったのか、と思う。
ここまで精神的に、肉体的に、社会的に、性的に、少年を蹂躙する必要があったのか、と思う。(特に性的描写は、若すぎるうちに読むとトラウマ物です。)
けれど、その「ひとり」こそが、重松清の書きたかったものだったのだろう。
まるで、彼がいつも何作品もかけて描いている温かいものと対を成すものを、この一作品にすべて込めたかのような、執念のようなものさえ感じる。

こんなに読んでいて辛い小説はなかった。
部分部分を読み返すことはあるが、通読は未だに一度しかできていない。
けれど、忘れられない作品だ。



余談だが、この作品は映画化されている。
どう頑張っても小説の「再現」などできるはずはないが、違う作品として興味はあったので観に行った。
主役が当時は駆け出しのNEWSの手越君ということもあり、どうなるかと思ったが、思っていたよりも良かった。
もちろん、彼の演技云々や小説との比較で賛否あるのはわかるが、制作陣が決してアイドルの履歴にするためではなく、真摯に作品を作っているのは伝わってきた。
原作を忠実に再現するなんてどだい無理なのだが、SABU監督は、それをしようとしたわけではないだろう。
映画の方がずっと表現が綺麗(汚さ、生々しさを削っている)だし、際どい描写も当たり前だがない。
けれど、表現方法は違っていても、本質的な部分はきちんと描かれていると私は思うし、映画としてはこれでむしろ良かったと思う。
生きていくとはどういうことなのか、手越君目当てで映画を見に来た10代の少女たちにこの大きな問いを投げかけるには、十分だっただろう。

手越君では暗闇に堕ちたシュウジを描くには足りなかったけれど、逆にそれでも懸命に一筋の光を求め続けるシュウジの想いは伝わってきたから、これはこれでよかったと思う。
脇を固めるベテランの俳優陣もよかった。
寺島進の鬼ケン、大杉漣の新田、柄本佑のシュウイチ、トヨエツの神父ははまり役すぎて、小説を読んでいても、気づけば彼らの顔と声で頭の中で再現されてしまうほどだ。
アカネは中谷美紀さんが演じていたが、もう少し柔らかいイメージの人の方が個人的にはよかった気がする。もちろん、演技は素晴らしいんだけども。
音楽もとても良かった。今でもよく思い出します。






==============

書物の新しいページを1ページ、1ページ読むごとに、私はより豊かに、より強く、より高くなっていく。(チェーホフ)






今まで読んだ本の記録→本棚
レビューの記録だけでなく、引用も記録できるので、重宝しています。
引用だけをまとめて見ることもできるので、時々、まとめて読んでいます。

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

tag : 角川 重松清 疾走

ラーメン備忘録17
実は、あと3本は書けるくらいたまっていますorz;
画像・リンクナシなら速いんですが…。
画像とリンクを入れてからぽちぽち拍手が頂けるようになったので、備忘録とは言え、やっぱりあった方がいいよなぁと。
自分が読む側だとしてもあった方がいいし。

店ラーメンはご無沙汰なので、カップのみ更新です。
今回から値段もできる限り入れてみます。






◎日清食品…カップヌードル トムヤムクンヌードル(180円(税別))→70点

トムヤムクン

友人が食べていて匂いが美味しそうだったので、興味本意で購入。
結論からいうと、かなり本格的。
別添えのペーストを少し入れかけたところで、かなり色(辛そう)と香りが強烈だったので、ヤバイかも…と思い、半分程度に。
それでもかなり辛いし個性的。
カップヌードルでよくここまでやったなという印象。
自分の好みではありませんでしたが(ペースト4分の1でちょうどいい)、本格志向の方にはかなりいいのでは。







◎エースコック…夏季限定スーパーカップ1.5倍  ガリバタ 醤油ラーメン(190円(税別))→40点

ガリバタ

確かに、バターとガーリックの匂いはするが、美味しいとは感じず。
バターの匂いが強すぎて、スープを飲むのは辛い。
好みの問題だが、あまり好きではなかった。







◎エースコック…夏季限定スーパーカップ1.5倍レモチキ 塩ラーメン(190円(税別))→95点

レモチキ

塩とレモンは大好きな組み合わせ。
スープだけではなく具にもレモンの味と香りがしっかりついていて、最後まで飽きずに食べられた。
麺の残念さを補って余りある美味しさ。







◎東洋水産…青森津軽煮干しラーメン激にぼ(240円(税別))→60点

青森津軽煮干しラーメン激にぼ

マルちゃんの「○○ニボ」シリーズ(ニボ=煮干し)。
不味くはないが、甘いだけで物足りない。
名前負けした感が強い。







◎エースコック…(コンビニ限定) スーパーカップ1.5倍 豚カルビ塩ラーメン(190円(税別))→80点

スーパーカップ豚カルビ塩

安定のエースコック。
ペッパーとガーリックと詠っているだけって、香りはかなり楽しめました。
豚も、それっぽい香りはかなりあったので、まぁまぁかな。
味は、「豚カルビ」を求めるとやっぱり物足りないけれど。

毎回思うが、チープ感は否めないもののスーパーカップ1.5倍シリーズのコスパはすごい。







◎日清食品…カップヌードル ブラジリアンチキンヌードル(170円(税別))→85点

ブラジリアンチキン

チキンが大きくて美味しい。もっと量があれば言うことなしなのだが。
スパイスも予想以上に香りがあって◎
ブラジルかは?たが、異国感は十分に味わえる。
エジプトで食べたボウルヌードルを思い出した。







◎日清食品…チキンラーメンビッグカップ 3種のチーズ(190円(税別))→60点

チキンラーメンチーズ

ついに出た、チキラー+チーズ。
期待して食べるも、良くも悪くも予想通りの味。そのまま。
味は好きだけど自分でちょい足しすれば済む程度。
わざわざ買う必要はないなと思ってしまった。







◎東洋水産…縦型ビッグ 大島 味噌ラーメン(205円(税別))→10点

大島 味噌ラーメン

過去最低点かも知れない。
塩辛くて脂っこい。に尽きる。お湯の量を間違えたかと思うくらい。
濃厚というより脂でベタベタしてるだけのような。
売り?のニンニクや生姜を感じるはずもなく。
唯一よかったのは玉ねぎだけ。







◎東洋水産…でかまる 濃厚コク塩ワンタン麺(205円(税別))→75点

でかまる 濃厚コク塩ワンタン麺

ワンタンは思ったより入っていてよかった。
コク塩とあるが、豚骨っぽい香りが強い?







◎東洋水産…麺づくり 醤油とんこつ(180円(税別))→95点

麺づくり醤油とんこつ

うまい!シンプルだけど、私にとってはストライクな味。
麺づくりは裏切らない。







今回の記事は、日清、東洋水産、エースコックだけでした。
(個人的な感覚では、シェア面では)3大巨頭ですね。
この下がヤマダイ、明星あたりかな。

+++++++++++++++++

★点数の目安

無難=70点、無難+ちょいウマ=75点



★記号

●→店舗
◎→インスタント

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : ラーメン 日清 カップ麺 カップヌードル 東洋水産 マルちゃん エースコック スーパーカップ

なんとなく一言
管理人

映(えい)

  • Author:映(えい)
  • マイペース更新。

    ラーメンを食べながら、時々本を読む社会人。
    心を揺さぶる本、価値観を変えてくれる本、爽やかさとともに苦さや切なさを感じさせる本、表現が美しい本、静かな感動を起こしてくれる本、心の奥深くに沁みる本、重さの中にも透徹した雰囲気を持つ本、知的好奇心をくすぐってくれる本、が好きです。


    おもしろそうなのがあったので始めてみた→コトノハ



    【お知らせ】
    PCのお気に入りに登録していたブログをサイドバーのリンクリストに移してます。
    あくまで自分のお気に入り的な感覚なので、「リンクする場合はご一報ください」などの断り書きのないブログさんは特に報告をしていません。
    被リンクを拒否したい方はお手数ですがコメントください。

    本ブログはもちろんリンクフリーです。
    (商用・アダルト・掲示板ログ的なブログを除く)








    ↓カウンター↓




    ↓ランキング参加中。気が向いたら応援よろしくお願いします。↓
    にほんブログ村 その他日記ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村
    ランキングバナー

    ↓新たなブログとの出逢いに。↓
    BlogPeopleガチャガチャブログ
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ

2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【3件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【3件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【2件】
2015年 02月 【3件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 02月 【3件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 03月 【2件】
2012年 12月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 05月 【2件】
2011年 04月 【4件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【9件】
2010年 11月 【2件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【2件】
2010年 04月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【4件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【6件】
2009年 07月 【9件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【8件】
2009年 04月 【5件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【7件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【6件】
2008年 08月 【7件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【7件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【14件】
2008年 03月 【17件】
2008年 02月 【24件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【10件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【13件】
2007年 09月 【11件】
2007年 08月 【21件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【4件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【8件】
2007年 02月 【3件】
2007年 01月 【4件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【3件】
2006年 10月 【3件】
2006年 07月 【2件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【16件】
2006年 04月 【8件】
2006年 03月 【6件】
2006年 02月 【4件】
2006年 01月 【4件】

カテゴリー
記事
コメント
トラックバック
検索フォーム
RSSリンク
御用達
倉庫



↓ダジャレ図鑑(笑)↓



リンク(サイト名マウスオンで説明表示~)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。