*All archives* |  *Admin*

2015/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
火花
『火花』 又吉 直樹 ★★★★☆



お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。
神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。
人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!(帯より)







お笑いという「芸」に打ち込んだ全く違う二人の芸人の、不器用な生き方を描く。

正直なところ、話題先行であったし、あらすじを見ても特に惹かれるものがなく、当初は全く読むつもりがなかった。
題材もお笑い芸人、ということだし、きっと半自伝のような形で書いているんだろうな、という、どこか冷めた目で見ていた部分があった。

その気持ちが変わったのには、いくつかきっかけがある。
芥川賞の選考委員の一人が、本作に対して、「確かに粗削りだし欠点もあるが、『どうしても書かねばならぬという強いもの』が感じられた」というようなコメントをしていたこと。(詳細はうろ覚えですが)
このある意味とても正直なコメントに、とても興味をひかれたのが一つ。
もう一つは、とある番組で瀬戸内寂聴氏が、「この作品は絶対何か賞を獲ると思った」「本当に面白かった」と高く評価していたのを聞いたこと。
所詮芸人という色眼鏡で見られ、技術的には欠点も多いはずなのに、それでもその道のプロでさえ引きつける「何か」を知りたいと思ったのだ。



読み始めて真っ先に(おそらく最初の行から)思ったことは、情景描写がとても硬いなということだった。
言葉がスムーズに入ってこない。1つの文が長い。比喩がくどい。なぜ入れるのかよくわからない余計な情報が多い。
など、それはもう、数ページで読むのを諦めようかと思ったほどだった。
ただ、会話の描写になると、ずいぶん印象が変わった。
どこにでもいそうな徳永に対し、突拍子のない神谷のキャラクターも、読んでいくうちに不思議と「こんなやついないよ」という違和感がなくなっていく。つまり、神谷が「生きた」登場人物として描かれていく。
どの文が、という決定的な部分はわからないが、「普通」からかなり乖離したキャラクターを読者の心に近づけるには、かなりの文章力が必要であるように思う。(たまによくわからないネタも出てきたし、中には神谷のキャラクターが全く理解出来なかったというレビューも見られるが。。。)
とは言え、ところどころ琴線にふれる部分はあったものの、前半は少々退屈であったことは間違いない。

それが大きく変わったのは、物語も終盤に差し掛かった頃だった。
自分が出ているテレビを神谷と観ながら、お笑いや自分の生き方、神谷に対する想いが、せきを切ったようにあふれ出るシーンがある。
真剣にお笑いという一つの芸に取り組んできた徳永の強い思いと、その不器用さが、(じわじわ、という感じではなく、なんというか)大きな質量をもって心に沁みこんできたのだ。
そして、ライブのシーンと、その後のクライマックス。
(ネタバレになるので詳細は控えるが)題材の奇抜さに引いてしまった人もいたようだが、奇抜だからこそ一層神谷の一途さと不器用さが際立っていて、徳永と同じように私も泣けてきてしまった。
結局のところ、この話が好きかどうかは、二人の、特に神谷の(表面的、具体的な言動ではなく)「不器用さ」に共感できるかどうかが全てなのではないだろうか。
『どうしても書かねばならぬという強いもの』が、確かに伝わってきた。これこそ純文学の真骨頂ではないか。やはり、私は純文学の方が好きだと再認識した。



通読して、又吉が純文学に対して尊敬の念を持っていることがとてもよく伝わってきた。
たくさん本を読んできたからこそ、本を出すということ、特に純文学という分野で本を出すことの重みは、十分わかってきたはずだ。決して、芸能人がノリで本を出したのではない。
もちろん、技量としては荒削りなのだろうが、それ以上に、何というか又吉の純文学に対する愛と真摯な姿勢が伝わってきた。
私は別に又吉のファンでも純文学信者でもないが、不思議なものだ。

芥川賞受賞ということを抜きにすれば、十分魅力のある作品だと思う。(芥川賞に値するかといわれると、正直疑問だ。芥川賞受賞作をたくさん読んだから、ではなく、あまり読んでいないからこそ、これで獲れるのか、と思ってしまうから。)





==============

身体には鍛錬、心には読書。(ジョセフ・アディソン)






今まで読んだ本の記録→本棚
レビューの記録だけでなく、引用も記録できるので、重宝しています。
引用だけをまとめて見ることもできるので、時々、まとめて読んでいます。

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

tag : 火花 又吉 純文学 芥川賞

青が散る
一番心が揺さぶられた作品。やっと書けました。

『青が散る』上・下 宮本 輝 ★★★★★



新設大学のテニス部員椎名燎平と彼をめぐる男友達、女友達。
原色のいのち燃える人生の短い季節を急ぎ駆けぬける者、ためらい立ちどまる者……。
青春の光芒のあざやかさ、そして切なさとむなしさを、テニスコートに白球を追う若い群像に描き、テニスというスポーツを初めて文学作品にした感動の長篇小説。(裏表紙より)







初めての宮本作品。タイトルに何となく惹かれて読み始めたこの一冊で、宮本作品にのめりこんでしまった。
30年も前の作品なのに、全くそれを感じない。いわゆる「青春小説」なのだが、よくある爽やかなだけのサラサラした「青春小説」とは、まるで別格の質量をもっている。
青春小説に対するイメージが180度変わってしまったくらいの衝撃を受けた。



テニスを通して出会った若者たちが、苦く青い青春を駆け抜けていく。一つ一つの表現が美しく、煌めくような輝きをもっている。それはふわふわとした美しさや明るさではなく、透明感があるのに、深みをもっている。眩しい光も色濃い影も、鮮やかに描かれているからだ。
例えば、主人公の「リョウヘイ」の名は、「良平」でも「亮平」でもなく、「燎平」と書く。「燎」は「かがりび」とも読む。読み始めてすぐに、作品のもつ空気感を直感的に感じたのは、この「燎平」という字からだった。また、本作には感情を表現するのに「はげしい」という言葉が度々出てくるが、すべて「烈しい」という字を使っている。長篇でありながら、一つ一つの表現が緻密に紡がれたものであることが感じられる。

関西弁の台詞に最初はなじめなかったのだが、読んでいくうちに全く気にならなくなった。
また、本作には非常に多くの登場人物が出てくるが、それぞれが存在感をもっていて、混同したり忘れてしまうことは一度もなかった。
登場人物たちがみな「生きて」いるからだ。こんな感覚は、今までにない。
主人公たちの同級生や先輩後輩、高校時代の友人、テニスを通して出会った仲間、そこから生まれる新たな出会い、そして若い彼らを静かに温かく見守る、辰巳教授のような人生の先輩である大人たち…本作は魅力的な人物たちにあふれている。
中でも、繊細で、不器用で、真っ直ぐな燎平が、やっぱり一番好きだ。



人間関係の濃密さと温かさ、心が通う歓びと、違う人間同士だからこそ越えられない壁があるもどかしさ。生きていくことへの高揚と不安、成功と挫折…。
美しい表現で紡がれた文章が、心に沁みる。読みながら、昔の記憶を思い出したり、いろいろな感情がわき起こったり、胸が震えるような感動を覚えたりする。
大きな心で押しの一手、人間の駱駝、覇道と王道、自由と潔癖など、ストーリーや登場人物の心の動きだけでなく、人生について考えさせられる、印象深い表現やエピソードも数多く出てくる。
そして、何より最後の結末がもう…!
青春とは、眩しくて、熱くて、虚しくて、残酷なものだと感じた。
今までで一番充実した読書の時間だった。

この本を読むまで名前も知らなかった作者なのに、強烈にハマった。これがあるから読書は面白い。この作品にはまったことがきっかけで、氏の初期の作品を中心に十数作品ほど一気に購入した。こういう買い方は初めてだ。(近年の作品は某宗教色が強いというので、手に取るのを躊躇っている…。)
私の拙い言葉ではとても表現できないほど素晴らしい作品。感受性が豊かな人なら、きっと心に響く。



それにしても、裏表紙のあらすじがとても的確で見事だ。これ以上簡潔で綺麗な表現が見つからない。そして、巻末の解説も。角●とは大違いだ;




==============

書物なき部屋は魂なき肉体のごとし。(キケロ)






今まで読んだ本の記録→本棚
レビューの記録だけでなく、引用も記録できるので、重宝しています。
引用だけをまとめて見ることもできるので、時々、まとめて読んでいます。

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

tag : 青が散る 文春 宮本輝 青春

海辺のカフカ
『海辺のカフカ』上・下 村上 春樹 ★★★☆☆



「君はこれから世界でいちばんタフな15歳の少年になる」――15歳の誕生日がやってきたとき、僕は家を出て遠くの知らない街に行き、小さな図書館の片隅で暮らすようになった。家を出るときに父の書斎から持ちだしたのは、現金だけじゃない。古いライター、折り畳み式のナイフ、ポケット・ライト、濃いスカイブルーのレヴォのサングラス。小さいころの姉と僕が二人並んでうつった写真……。 (「BOOK」データベースより)







二度と戻らないと決意し、家を出た15歳の少年の、成長の物語。(だと思う)

何度も挑戦しては壁に阻まれ、それでもまた挑戦してしまう、村上春樹。
今まで読んだ(数は少ないが)他作品に比べると、テーマのようなものは比較的見えやすい話であったように思う。私にとって村上作品は、表現の一つ一つを味わったり、意味を考えるのではなく、ストーリーの「固まり」でとらえた方が良いようだ。細かい部分が気になると、変に論理的に考えようとしてしまい、混乱してしまう。

田村少年には最後まで全く感情が入らず、上巻の後半にさしかかったあたりでは「まだまだ長いなぁ」ととても困ったのだが、ナカタさんが星野青年と出会ったあたりから、がぜんページをめくる手が進み始めた。星野青年とナカタさんとの関係性がとても心が温まったからだ。
特に星野青年の人柄は、今までに読んだ小説の登場人物の中では断トツに「好き」だと言える。登場人物に感情移入できる、ではなく、好きになったのは、今まで記憶がない。星野青年の行く末を見守りたくて最後まで読んだようなものだ。(そして、これだけの為に、この本を人に譲らず手元に残すかどうか迷っている・・・。)
最後まで読んで、人を人たらしめる「心」とは一体何なのだろう、と考えた。

ところで、哲学的な示唆に富んだ話や、扱っているテーマのようなものは好きな系統のはずなのに、村上作品がなかなか合わない理由が、何作か読んできてようやくわかってきた。
村上作品の性描写が苦手なのだ。それも、ものすごく。
美しくない、などということではないが、独特の生々しさがどうしても受けつけられない。直接的な描写や用語がどうのという形式的なものではなく、描き方なのだ。
今回田村少年に感情が入らなかったのも、反対に星野青年が気に入ったのも、その辺りが左右しているようにも思われる。

それでも、私はきっとまた村上作品に挑戦してしまうのだろう。





==============

二人は昼も夜も聖書を読んだ。だが私が白と読んだところをあなたは黒と読んだ。(ウィリアム・ブレーク)






今まで読んだ本の記録→本棚
レビューの記録だけでなく、引用も記録できるので、重宝しています。
引用だけをまとめて見ることもできるので、時々、まとめて読んでいます。

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

tag : 村上春樹 海辺のカフカ

なんとなく一言
管理人

映(えい)

  • Author:映(えい)
  • マイペース更新。

    ラーメンを食べながら、時々本を読む社会人。
    心を揺さぶる本、価値観を変えてくれる本、爽やかさとともに苦さや切なさを感じさせる本、表現が美しい本、静かな感動を起こしてくれる本、心の奥深くに沁みる本、重さの中にも透徹した雰囲気を持つ本、知的好奇心をくすぐってくれる本、が好きです。


    おもしろそうなのがあったので始めてみた→コトノハ



    【お知らせ】
    PCのお気に入りに登録していたブログをサイドバーのリンクリストに移してます。
    あくまで自分のお気に入り的な感覚なので、「リンクする場合はご一報ください」などの断り書きのないブログさんは特に報告をしていません。
    被リンクを拒否したい方はお手数ですがコメントください。

    本ブログはもちろんリンクフリーです。
    (商用・アダルト・掲示板ログ的なブログを除く)








    ↓カウンター↓




    ↓ランキング参加中。気が向いたら応援よろしくお願いします。↓
    にほんブログ村 その他日記ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村
    ランキングバナー

    ↓新たなブログとの出逢いに。↓
    BlogPeopleガチャガチャブログ
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ

2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【3件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【3件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【2件】
2015年 02月 【3件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 02月 【3件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 03月 【2件】
2012年 12月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 05月 【2件】
2011年 04月 【4件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【9件】
2010年 11月 【2件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【2件】
2010年 04月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【4件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【6件】
2009年 07月 【9件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【8件】
2009年 04月 【5件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【7件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【6件】
2008年 08月 【7件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【7件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【14件】
2008年 03月 【17件】
2008年 02月 【24件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【10件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【13件】
2007年 09月 【11件】
2007年 08月 【21件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【4件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【8件】
2007年 02月 【3件】
2007年 01月 【4件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【3件】
2006年 10月 【3件】
2006年 07月 【2件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【16件】
2006年 04月 【8件】
2006年 03月 【6件】
2006年 02月 【4件】
2006年 01月 【4件】

カテゴリー
記事
コメント
トラックバック
検索フォーム
RSSリンク
御用達
倉庫



↓ダジャレ図鑑(笑)↓



リンク(サイト名マウスオンで説明表示~)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。