*All archives* |  *Admin*

2016/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鮮やかで生々しい、生のドラマ。 『春の夢』
『春の夢』  宮本 輝 ★★★☆☆



生きた!愛した!闘った!
めくるめく、あの青春の日々よ。
――なき父の借財をかかえた一大学生の、憂鬱と人生の真摯な闘い。それをささえる可憐な恋人、そして一匹の小動物……。
ひたむきに生きようとする者たちの、苦悩とはげしい情熱を、一年の移ろいのなかにえがく青春文学の輝かしい収穫!(裏表紙より)







『青が散る』で著者の心理描写と情景描写にハマり、初期の作品を集めて読み始めた、『青が散る』に続く(私にとっての)2作目。同じ著者の「青春小説」ということもあり、どうしても比較してしまうところがある。



「青春の光と影」という大きなテーマは『青が散る』に通じるものがあるが、『青が散る』では、恋愛や一つのものに打ち込み挫折していく中での心の成長といった内面の動きを軸に描かれていたのに対して、本作は「生と死」という要素が強い。
『青が散る』でも安斎の死が描かれていたが、それはあくまで主人公の心を動かす出来事のひとつであり、終盤に通り過ぎていくだけである。しかし、本作では、「生と死」は、蜥蜴のキンや歎異抄、磯貝の病気、ラング夫妻の心中騒動、利休と茶道、沢村千代乃にいたるまで、全編を通して中心を貫くテーマになっている。
そのため、宗教観も強くというほどではないがはっきりと現れており、抵抗感を感じる人もいるだろう。

生と死と同時に、人間の、何とも言えない「生々しさ」が描かれている。
例えば、『青が散る』とは違って、主人公の哲之にはすでに陽子という恋人がいて、序盤から性的な場面が何度も出てくる。(もちろん、描き方は綺麗なのだが、あまりに頻繁なので、少々辟易してしまった)
哲之は借金取りに追われ、最終的に半殺しの目に遭う。
頼りになると思われた友人も、実は友情ではなく、彼自身の自尊心のために哲之を援助している。
哲之のバイト先のホテルの人間は、権力と保身のことで頭がいっぱいで、常に互いに顔色を窺い、隙あらば陥れようとする。
ホテルに来る客も、恐喝や詐欺をする連中も多い。
哲之と陽子も、互いに愛し合いながらも、他の異性に打算的に惹かれる。
人生の何たるかを悟ったかに見えた、聖人のような沢村千代乃の、本当の顔。
もちろん、母や磯貝など、哲之の近くにいて信頼に足る人間もいるが、多くは悪人とは言えないかもしれないが、決して善い人間であるとは言えない人間ばかりだ。この点が『青が散る』とは最も違う部分ではないかと個人的に思う。

『青が散る』では、穏やかで透明感のある空気の中にある、圧倒的な質量のようなものが絶妙に心に響いたせいか、本作はあまり好きにはなれなかった。
それでも、表現という点においてはやはり凄いと何度も感じた。
『青が散る』でも感じたことだが、著者は労働者の(特に低所得者層の)生活を描くのが本当に上手い。舞台が大阪であり、著者も関西の生まれであることも、作品にリアリティを生んでいるのだろうか。
それから、日常生活の中の他愛ない会話。哲之と陽子、そして大学の友人たちの会話、母と哲之の会話など、読んでいると登場人物たちが話している情景が生き生きと目に浮かんでくる。
このあたりは、さすが。



ところで、本作の重要な登場動物?である、蜥蜴のキン。
哲之は、最初は気味悪がって、一時は見殺しにしようとしながら、徐々に情を寄せていく。著者は、キンをただ可愛いペットとして登場させるのではなく、釘づけにすることで、生と死という大きなテーマの中に哲之の心を引き込んでいく。物語の最初のほうでは、正直違和感があったが、話が進むにつれ、キンと哲之の一体感、そして物語のテーマとの一体感が増してくる。このあたりは巧さだろう。
しかし、このキンの結末は…!読み終わった後に、うーん!と唸ってしまった。
が、読み終わってしばらく経って考えてみると、まさにこの結末しかないのだろう。
哲之と、私たち読者がキンに親近感を抱き、それがピークになったところで、すっと突き放す。それは、決して相容れない人間と動物の生の間の壁であるようにも思えるし、キンにとっても哲之にとっても自立の時が来た象徴であるようにも思える。
この結末だからこそ、物語に何とも言えない余韻が残るし、タイトルの「春の夢」がピッタリなのだろう。







==============

紙上に書かれた思想は、砂上に残った歩行者の足跡に過ぎない。歩行者のたどった道は見える。だが歩行者がその途上で何を見たかを知るには、自分の目を用いなければならない。(ショーペンハウアー)






今まで読んだ本の記録→本棚
レビューの記録だけでなく、引用も記録できるので、重宝しています。
引用だけをまとめて見ることもできるので、時々、まとめて読んでいます。

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

tag : 宮本輝 春の夢 生と死 青春

「今」をふみしめて、生きる。 『坂村真民 一日一言』
『坂村真民 一日一言』  坂村 真民 ★★☆☆☆



今日、凶悪な殺人事件や相次ぐ自殺などに象徴されるように、「命」を敬う意識が低くなっている。
私たちは奇跡の中の奇跡としか呼べないほどの確率で、いま、ここに存在しているのに、そのことに感謝できない社会は恐ろしい。
著者・坂村真民さんは仏教精神を基調とし、詩作に打ち込んでこられた。
その代表的な言葉に「念ずれば花ひらく」がある。
とかく現代人は結果だけを追い求め、慌ただしい日々の中で、「思い・念・祈り」といったものを忘れてはいないだろうか。
本書は「命を生ききること」を真剣に、切実に問う。
1年366日の言葉としてまとめられた詩と文章の中に、それぞれの人生で口ずさみたくなるような言葉が溢れている。
(出版社からの内容紹介より)







インターネットで何かの言葉を読んで感銘を受け、本書を読んでみたが、宗教色が思ったよりも強く長い言葉が多かったり、「しんみんよ」と自分に言い聞かせているような言葉が多くあったこともあり、あまり合わなかった。
今はもっとシンプルで、普遍的な言葉を求めているのだと思う。
また違う時に読んでみると違った感情が湧く気がするので、手放さずにとっておこうと思う。

いくつか印象に残った言葉を書き留めておく。
8月18日(p139) 渇くということは非常に大切なことである。渇かない人にいくらいい飲み物を与えても喜びも感謝もしない。愛でも学問でも同じで、渇かない者にいくら与えても無駄である。
11月2日(p184) つきつめてものを思えばみなかなし されど このかなしさのなかにこそ花も咲くなれ 匂うなれ 人の心も通うなれ
11月23日(p196) すべては出会いの一瞬できまる だから その時のために心を磨いておくのだ 名刀のように

タイトルの言葉は、たびたび登場した「足の裏」という言葉が印象的だったので。






==============

友を選ぶが如く、著者を選べ。(ロスコモン『訳詩論』)






今まで読んだ本の記録→本棚
レビューの記録だけでなく、引用も記録できるので、重宝しています。
引用だけをまとめて見ることもできるので、時々、まとめて読んでいます。

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

tag : 坂村真民 一日一言

“本当の愛”とは?  『あかいハリネズミ』
『あかいハリネズミ』  ジェイドナビ・ジン (著) 深川 明日美 (翻訳)  ★★★★★



ねえ、ぼうや。よおく おぼえておいて。あなたを抱きしめてくれるひとがともだちよ。
おかあさんが最後に残した言葉を胸に、コハリネズミはともだち探しの旅に出かけます。
トゲトゲの体のせいで、みんなから拒絶され、騙され、罵られ、コハリネズミの孤独な旅は続きます。
そんな旅のなかで出会ったおじいさんネズミは、そっとコハリネズミを抱きしめてくれました。
ようやく愛情と友情に包まれたコハリネズミ。しかし・・・。
小さな小さなハリネズミの物語が感動とともに伝える、愛情、友情、そして生きる勇気。
抱きしめてくれるともだちは、心のなかに、ずっといるから、なみだをこえて、ぼくはゆく。
(出版社からの内容紹介より)







「ヤマアラシ(ハリネズミ)のジレンマ」という言葉がある。
ショーペンハウアーの寓話に由来する言葉で、針をもつヤマアラシは互いに寄り添い合おうとすると相手を傷つけてしまうことから、「自己の自立」と「相手との一体感」の2つの欲求によるジレンマのことを指す。

「あかいハリネズミ」も、そこから着想を得ていると思われる。
この絵本を本屋で見かけて偶然読んだ時から忘れられず、(タイトルを忘れてしまっていたので)数年越しで辿り着いた。
「あかい」ハリネズミの意味がわかる結末は、胸が締め付けられるような痛みを覚える。しかし、作者はハリネズミを「笑顔」にする。

淡いタッチの絵とやさしい文で作られた作品だが、投げかけられるテーマは、重い。
作中では「友情」と表現されているが、これは友情を超えた「愛」について、根源的な問いを投げかける作品である。
特に、自己犠牲を伴う愛について。

子ども向けの作品だが、子どもがこれをどう捉えるかは、正直難しいと思う。
結末については、かわいそう、という子もいれば、よかったね、という子もいるだろう。
私自身は共感する部分がとても多かったが、きっと賛否あると思う。



(記事のタイトルに、一言コメントをつけることにしました。書店のPOPのようなイメージです。
自分が感じたその本の魅力が伝わるように一言で表すのは、結構頭をひねるし面白いです。
職業柄、言葉の使い方は勉強しないとなぁと思う日々です。その練習も兼ねて。
素人の遊びなので下手でありベタですが、本を探しているときに少しでも心にとまるものがあれば嬉しいです。
過去記事も遡って、少しずつ書いていこうと思います。)






==============

ハッピーエンドで終わる偉大な小説はありません。(サガン)






今まで読んだ本の記録→本棚
レビューの記録だけでなく、引用も記録できるので、重宝しています。
引用だけをまとめて見ることもできるので、時々、まとめて読んでいます。

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

tag : 絵本 あかいハリネズミ

なんとなく一言
管理人

映(えい)

  • Author:映(えい)
  • マイペース更新。

    ラーメンを食べながら、時々本を読む社会人。
    心を揺さぶる本、価値観を変えてくれる本、爽やかさとともに苦さや切なさを感じさせる本、表現が美しい本、静かな感動を起こしてくれる本、心の奥深くに沁みる本、重さの中にも透徹した雰囲気を持つ本、知的好奇心をくすぐってくれる本、が好きです。


    おもしろそうなのがあったので始めてみた→コトノハ



    【お知らせ】
    PCのお気に入りに登録していたブログをサイドバーのリンクリストに移してます。
    あくまで自分のお気に入り的な感覚なので、「リンクする場合はご一報ください」などの断り書きのないブログさんは特に報告をしていません。
    被リンクを拒否したい方はお手数ですがコメントください。

    本ブログはもちろんリンクフリーです。
    (商用・アダルト・掲示板ログ的なブログを除く)








    ↓カウンター↓




    ↓ランキング参加中。気が向いたら応援よろしくお願いします。↓
    にほんブログ村 その他日記ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村
    ランキングバナー

    ↓新たなブログとの出逢いに。↓
    BlogPeopleガチャガチャブログ
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ

2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【3件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【3件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【2件】
2015年 02月 【3件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 02月 【3件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 03月 【2件】
2012年 12月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 05月 【2件】
2011年 04月 【4件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【9件】
2010年 11月 【2件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【2件】
2010年 04月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【4件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【6件】
2009年 07月 【9件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【8件】
2009年 04月 【5件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【7件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【6件】
2008年 08月 【7件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【7件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【14件】
2008年 03月 【17件】
2008年 02月 【24件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【10件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【13件】
2007年 09月 【11件】
2007年 08月 【21件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【4件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【8件】
2007年 02月 【3件】
2007年 01月 【4件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【3件】
2006年 10月 【3件】
2006年 07月 【2件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【16件】
2006年 04月 【8件】
2006年 03月 【6件】
2006年 02月 【4件】
2006年 01月 【4件】

カテゴリー
記事
コメント
トラックバック
検索フォーム
RSSリンク
御用達
倉庫



↓ダジャレ図鑑(笑)↓



リンク(サイト名マウスオンで説明表示~)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。