*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
報道のあり方
今日は、久しぶりに真面目な話を書きます。





国民みんなが注目したであろう、光市母子殺害事件の差し戻し控訴審判決が、今日出た。

死刑、だそうだ。

これは高裁だから、まだ最高裁が残ってるわけだけど、1、2審で無期判決から差し戻し控訴審で今回死刑判決が出されたことを考えると、最高裁で無期はまずないだろうなとは思うけど。






今回、このニュースを取り上げたのは、この事件に関する感想を書きたかった訳ではなくて。



mixiでたまたま見かけた2つの記事。

光母子殺害事件、元少年に死刑判決

光母子殺害:「世論の逆風」と闘い…弁護団



本村さんに着目した記事、
そして、
少年の弁護団に着目した記事。



興味深いなと思ったのは、どちらも同じ毎日新聞社から出た記事であり、さらによく見てみると、どちらも同じ記者(片方は複数名によるものだが)による記事だったからだ。









本来、報道は事実のみを多角的な視点で伝えるべきもので、ひとつの視点に偏ってはならないはずだ。
なぜなら、その事実をどう受け止めるか(感情として)は個々人の自由であり、それはいろいろな見方をして、公平な事実判断をした上で初めて出されるものでなければならないからだ。

だが、特にこのような卑劣な犯罪に対する報道では、被害者の視点に立った報道のみが加速してしまいがちだ。



さらに問題なのは、新聞ではあまりないが(事実の歪曲や誤解を与える表現は見られるが、今はそれは置いておいて)、テレビの場合、「キャスターのコメンテーター化」が最近目に余るようになった。(コメンテーターという言葉使いが相応しくなかったらご指摘ください。訂正いたします。)

つまり、本来事実を伝えるのみにとどまらなくてはならない(と私は思う)キャスター自身が、自分の主観を堂々と述べてしまうのである。
それも新人ではなく、ベテランのキャスターがこれ見よがしに自分の意見をべらべら述べているのだから、呆れ返ってしまう。
(この点では、NHKやニュースJAPANの報道スタイルはクリーンだと思う。)

ただでさえ「ある特定の視点」という制限に加え、さらに「ある個人の感情」が加わることで、見る側もそれを無意識に自分のものとして受けとめてしまうところに恐ろしさがある。
世論のコントロールである。



こうしたことは冤罪の場合だと大きく問題視されるが、今回の事件のように大半の人が抱くであろうと思われる感情の場合、ほとんど問題視されない。
だが、それはあくまでも結果論ではないか。

何のためにキャスターとゲスト、コメンテーターが分かれているのか。









こういうことを考えていた時に、同じ記者によって書かれた二つの記事を見た。
当たり前のことだが、どちらも感情に訴えるのではなく、それぞれの立場を見て事実を淡々と述べたものである。

改めて、報道の本来のあり方を考えさせられた。
関連記事

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

tag : ニュース 報道 新聞 光市 母子殺害事件

Secret
(非公開コメント受付中)

なんとなく一言
管理人

映(えい)

  • Author:映(えい)
  • マイペース更新。

    ラーメンを食べながら、時々本を読む社会人。
    心を揺さぶる本、価値観を変えてくれる本、爽やかさとともに苦さや切なさを感じさせる本、表現が美しい本、静かな感動を起こしてくれる本、心の奥深くに沁みる本、重さの中にも透徹した雰囲気を持つ本、知的好奇心をくすぐってくれる本、が好きです。


    おもしろそうなのがあったので始めてみた→コトノハ



    【お知らせ】
    PCのお気に入りに登録していたブログをサイドバーのリンクリストに移してます。
    あくまで自分のお気に入り的な感覚なので、「リンクする場合はご一報ください」などの断り書きのないブログさんは特に報告をしていません。
    被リンクを拒否したい方はお手数ですがコメントください。

    本ブログはもちろんリンクフリーです。
    (商用・アダルト・掲示板ログ的なブログを除く)








    ↓カウンター↓




    ↓ランキング参加中。気が向いたら応援よろしくお願いします。↓
    にほんブログ村 その他日記ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村
    ランキングバナー

    ↓新たなブログとの出逢いに。↓
    BlogPeopleガチャガチャブログ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ

2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【3件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【3件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【2件】
2015年 02月 【3件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 02月 【3件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 03月 【2件】
2012年 12月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 05月 【2件】
2011年 04月 【4件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【9件】
2010年 11月 【2件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【2件】
2010年 04月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【4件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【6件】
2009年 07月 【9件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【8件】
2009年 04月 【5件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【7件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【6件】
2008年 08月 【7件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【7件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【14件】
2008年 03月 【17件】
2008年 02月 【24件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【10件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【13件】
2007年 09月 【11件】
2007年 08月 【21件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【4件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【8件】
2007年 02月 【3件】
2007年 01月 【4件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【3件】
2006年 10月 【3件】
2006年 07月 【2件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【16件】
2006年 04月 【8件】
2006年 03月 【6件】
2006年 02月 【4件】
2006年 01月 【4件】

カテゴリー
記事
コメント
トラックバック
検索フォーム
RSSリンク
御用達
倉庫



↓ダジャレ図鑑(笑)↓



リンク(サイト名マウスオンで説明表示~)