*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
熱狂の日!ベトナム国響編
せっかくの音楽祭の思い出があれ(全記事参照)では嫌だーーー!!!
ということで、急きょ口直しのチケットを1枚取った。
別の団体の公演を見て、前日のパターンが特殊なのか、あれが仕様なのかを確かめるという目的もあった。

(前日は、客のマナーの悪さにも閉口した。
写真禁止って言ってるのに撮るわ、遅刻は多いわ、演奏中に動くわ。
敷居が低いってこととマナー云々のことは全然違う。
なんか勘違いしてる人が多い気がする。)



というわけで、ベトナム国立交響楽団の演奏を聴きに行ったわけだが。



前日の印象が悪すぎたからかも知れないが、最高だった!1日ですっかりファンになってしまった。

ウォームアップもソデでやってたし、5分前にはちゃんと静かになってたし。
チューニングの前にコンマス(コンサートマスター)がきちんとおじぎをしたのもよかった。

衣装もベトナムの衣装で、とてもキレイ!

指揮者が日本人だったのだけど、この人もまたよかった!
楽章や曲の合間はきちんと間をとって、最後の挨拶の時も、わざわざ間を縫って後ろの管弦楽の人たちのところまで歩み寄って拍手をしていた。
みんなで一体になってやってるんだなって、何気ないしぐさや表情から伝わってきた。

最後に、ステージの上から演奏者の一人が写真を撮っていたのも、なんだか微笑ましかった。
楽しかったから、記念として写真を残したいのだ。
彼らにとっても、これはお祭りなんだ、って感じたから。





みんなが音楽を心から楽しんでいて、私たちにそれを伝えようとしている。
それが、とても伝わってきた。

逆に、コンサートというのが人に伝えるものである以上、確かに演奏してなんぼなんだけど、演奏だけじゃダメなんだと改めて感じた。

演奏以外の部分で、こんなにも抱く感情は違う。



もしかしたら、演奏だけ取り出したらほとんど差はなかったのかも知れない、もしかしたら都響の方が上手かったのかも知れない。
それでも、私は彼らの公演の方が好きだ。






演奏の方も、最初はなんかちぐはぐな感じもあったが、演奏が進むにつれてどんどんまとまってきて、引き込まれた。
来年はAホールを満席にして欲しい!

余談だが、チェロが真ん中、コントラバスが左っていうフォーメーションを初めて見たのでびっくりしたが、チェロが真ん中っていうのは結構よかった。
でも音が全体的に左から聞こえたから、コントラバスは右でもいいかなと思う。



でもそれは不満でも何でもない。
彼らは素晴らしい時間を与えてくれた!

来年も来るなら、絶対に聴きに行きます!
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 熱狂の日 音楽祭 東京国際フォーラム ベトナム国立交響楽団 クラシック

Secret
(非公開コメント受付中)

なんとなく一言
管理人

映(えい)

  • Author:映(えい)
  • マイペース更新。

    ラーメンを食べながら、時々本を読む社会人。
    心を揺さぶる本、価値観を変えてくれる本、爽やかさとともに苦さや切なさを感じさせる本、表現が美しい本、静かな感動を起こしてくれる本、心の奥深くに沁みる本、重さの中にも透徹した雰囲気を持つ本、知的好奇心をくすぐってくれる本、が好きです。


    おもしろそうなのがあったので始めてみた→コトノハ



    【お知らせ】
    PCのお気に入りに登録していたブログをサイドバーのリンクリストに移してます。
    あくまで自分のお気に入り的な感覚なので、「リンクする場合はご一報ください」などの断り書きのないブログさんは特に報告をしていません。
    被リンクを拒否したい方はお手数ですがコメントください。

    本ブログはもちろんリンクフリーです。
    (商用・アダルト・掲示板ログ的なブログを除く)








    ↓カウンター↓




    ↓ランキング参加中。気が向いたら応援よろしくお願いします。↓
    にほんブログ村 その他日記ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村
    ランキングバナー

    ↓新たなブログとの出逢いに。↓
    BlogPeopleガチャガチャブログ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ

2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【3件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【3件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【2件】
2015年 02月 【3件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 02月 【3件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 03月 【2件】
2012年 12月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 05月 【2件】
2011年 04月 【4件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【9件】
2010年 11月 【2件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【2件】
2010年 04月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【4件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【6件】
2009年 07月 【9件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【8件】
2009年 04月 【5件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【7件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【6件】
2008年 08月 【7件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【7件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【14件】
2008年 03月 【17件】
2008年 02月 【24件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【10件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【13件】
2007年 09月 【11件】
2007年 08月 【21件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【4件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【8件】
2007年 02月 【3件】
2007年 01月 【4件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【3件】
2006年 10月 【3件】
2006年 07月 【2件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【16件】
2006年 04月 【8件】
2006年 03月 【6件】
2006年 02月 【4件】
2006年 01月 【4件】

カテゴリー
記事
コメント
トラックバック
検索フォーム
RSSリンク
御用達
倉庫



↓ダジャレ図鑑(笑)↓



リンク(サイト名マウスオンで説明表示~)