*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
ドラマ「霧の旗」
「学べるニュース」見てたから後半半分しか見てないが(多分それで十分だったかとw



クライマックスあたりまで結構手に汗握る感じだったが、
土下座の直前のくだりから詰め込んだ感が;

海老蔵急に変わりすぎ…

海老蔵は嫌いじゃないけど、やっぱ歌舞伎だなと思った、顔の作り方が。
頑張ってたとは思うけど。

素晴らしい演技、とまではいかなくても、それなりに形にはなってたと思うので、演技どうこうはいいとして。






2時間ちょいという尺なのでどうしても内容的にツッコミどころは多いがそれはともかくとして、

何より あ の ラ ス ト !!

どう解釈したらいいんだ!?
2chではハッピーエンド(HE)解釈とバッドエンド(BE)解釈で分かれてるようだが。



最後の湖畔?に佇む二人の画が出るまでは

欽也→無実の罪(強姦)を受け入れ、塀の中
愛人→ライターのおかげで、塀の外
⇒桐子兄の無実は晴らせた、愛し合う二人は立場が逆になっただけで結局離れ離れ = 復讐達成(BE)

かと思ったが。
それでも名前書いてライター送ってる時点でこれも成立しないんだけど
(まず桐子が偽証罪だし、最初からはめようとしてたとなると強姦の証言も信憑性ないし。
無記名ならまだしもなぁ~)



最後に2人の画が出て、「え!?」となってしまった。

あれでHE解釈(欽也は全てを失ったけど愛する人だけは戻った、これから二人だけで静かに暮らす)をした人も多かったみたいだけど、
あれでは欽也がさんざん「僕はどうなってもいいから」と縋っていたのを頑なに拒否し続けていた桐子があまりにアッサリ許し過ぎだし
強姦で訴えるっていうのと愛人の無実を証明したっていうのが矛盾してるし

これから入水自殺するっていうBE解釈ならまだわかるけど、
電車?の中の桐子のやるせない表情がBEにしては甘すぎるし(むしろ「これで復讐を達成したわ」くらいの強いものを感じさせて欲しい)

うーーーーーん、他にどんな解釈があるかしら?








(原作読みたい人は次見ないでください!!)















自分は原作は読んでいないのだが、スレとか見てると、
桐子が欽也を訴えるところは同じで、ライターを捨てて真犯人は逃げ切るっていうBEらしいですね。
さすが、しっくりきすぎるくらいしっくりくる。

徹底的に理不尽なところが。

そのままのラストにしてしまうと冤罪がこんな簡単に成立してしまうっていうのがテレビ的によくなかったんだろうけど、
それにしてもあのラストはな~;

映像化する時に違う楽しみ方をしてもらうためにラストを変えるっていうのはよくあるけど、
やっぱりかなりリスキーですよね。
あらすじを変えないまま、180度違うラストとつじつまを合わせないといけないんだから。

そこが脚本家の手腕なのかなぁ。
関連記事

テーマ : 今日見たテレビ番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : ドラマ 松本清張 霧の旗 海老蔵 相武

Secret
(非公開コメント受付中)

なんとなく一言
管理人

映(えい)

  • Author:映(えい)
  • マイペース更新。

    ラーメンを食べながら、時々本を読む社会人。
    心を揺さぶる本、価値観を変えてくれる本、爽やかさとともに苦さや切なさを感じさせる本、表現が美しい本、静かな感動を起こしてくれる本、心の奥深くに沁みる本、重さの中にも透徹した雰囲気を持つ本、知的好奇心をくすぐってくれる本、が好きです。


    おもしろそうなのがあったので始めてみた→コトノハ



    【お知らせ】
    PCのお気に入りに登録していたブログをサイドバーのリンクリストに移してます。
    あくまで自分のお気に入り的な感覚なので、「リンクする場合はご一報ください」などの断り書きのないブログさんは特に報告をしていません。
    被リンクを拒否したい方はお手数ですがコメントください。

    本ブログはもちろんリンクフリーです。
    (商用・アダルト・掲示板ログ的なブログを除く)








    ↓カウンター↓




    ↓ランキング参加中。気が向いたら応援よろしくお願いします。↓
    にほんブログ村 その他日記ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村
    ランキングバナー

    ↓新たなブログとの出逢いに。↓
    BlogPeopleガチャガチャブログ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ

2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【3件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【3件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【2件】
2015年 02月 【3件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 02月 【3件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 03月 【2件】
2012年 12月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 05月 【2件】
2011年 04月 【4件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【9件】
2010年 11月 【2件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【2件】
2010年 04月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【4件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【6件】
2009年 07月 【9件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【8件】
2009年 04月 【5件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【7件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【6件】
2008年 08月 【7件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【7件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【14件】
2008年 03月 【17件】
2008年 02月 【24件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【10件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【13件】
2007年 09月 【11件】
2007年 08月 【21件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【4件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【8件】
2007年 02月 【3件】
2007年 01月 【4件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【3件】
2006年 10月 【3件】
2006年 07月 【2件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【16件】
2006年 04月 【8件】
2006年 03月 【6件】
2006年 02月 【4件】
2006年 01月 【4件】

カテゴリー
記事
コメント
トラックバック
検索フォーム
RSSリンク
御用達
倉庫



↓ダジャレ図鑑(笑)↓



リンク(サイト名マウスオンで説明表示~)