*All archives* |  *Admin*

2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドナウよ、静かに流れよ
『ドナウよ、静かに流れよ』 大崎善生



ドナウ川で邦人男女が心中……その小さな新聞記事が頭から離れなくなった私は、二人の足跡を追ってウィーンへと向かった。
もはやこの世にいない19歳の少女、日実(カミ)は、異国の地でどんな恋をし、何を思い、そして何ゆえに追いつめられていったのか?
悲劇的な愛の軌跡を辿る、哀切さにみちたノンフィクション。
解説・川本三郎









ノンフィクション。
つまり、「私」とは筆者の大崎であり、この心中事件と、それに関わる取材と出来事は事実である。

ただ、本書は事実を並べた「記事」ではない。
大崎のまなざしは、彼らの心の傍にある。
解説の川本の「心の物語」という言葉が、まさにしっくりくる。



ルーマニアの血をひく19歳の少女・渡辺日実(カミ)と、33歳の自称指揮者・千葉師久(のりひさ)。
彼らの間に、いったい何があったのか、なぜ死を選んだのか―。



取材を進めてゆくうちに、千葉は精神的に正常ではない(多少語弊があるかも知れません)ところがあり、日実の両親や友人たちが千葉との交際に反対したにも関わらず、日実は千葉を選んだ、という事実が明らかになってゆく。

恋は盲目
日実の若さゆえの未熟さ
千葉は日実をたぶらかしたいかがわしい男、パラノイアである。

そう思えてくるかも知れない。
日実の周りの人たちも、そう思っていた。

その男は正常ではない。
離れなさい。
誰もがそう言った。
けれど、日実は全てを捨てて、最後まで千葉の傍にいた。



確かに、最初は思春期にありがちな、情熱的で、盲目で、幼い、いずれすっと冷めてしまう、熱病のような恋心だったのかも知れない。
しかし、それは愛に変わっていったのではないか。
大崎は、そう考える。

それは、二人が最後に過ごした地、ウィーンで彼らにかかわった人たちの言葉から伺える。
最後の日々に二人の近くにいた女性は、彼らの姿を「心に焼きつくような美しい光景だった」と言う。



日実にとっては、千葉が指揮者であろうがパラノイアであろうが、そんなことはどうでもよかった。
むしろ、彼が弱くて不完全な人間だからこそ、より深く彼を愛した。
「指揮者の千葉」ではなく、「千葉師久」そのものを愛した。

日実を愛してくれる人はたくさんいた。
けれど、千葉を愛してくれる人は、日実以外にはいなかった。
だからこそ、日実は最後まで千葉の傍にいた。

それは、無償の愛。
自己犠牲の愛、彼らが最後に触れた、キリスト教的な愛だ。



心中という行為を肯定するつもりも、美化するつもりもない。
作中に、日実と仲の良かった同級生の小笠原一也という少年が出てくる。
彼は凄惨なリンチによって亡くなってしまう。
彼が亡くなった時、日実は号泣した。胸の張り裂けるような悲しみを覚えたに違いない。
その同じ痛みを、残される者に与えたのだから。

けれど、日実が千葉を愛したその心、その愛ただ一点において、何者にも否定され得ない、真実がある。



最後に、大崎は日実の遺体発見現場に行く。
千葉の遺体は二人が身を投げた現場のすぐ傍で発見されるが、日実の遺体はそこからずっと下流へ流されてゆくのである。
そして、ついにそこへ辿り着く。

本書の中で、日実の写真が(その章の)最後に載せられている。
その写真を見たとき、自然に涙が零れた。














今まで読んだ本の記録→本棚
関連記事

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

tag : 大崎善生 文春 ドナウよ、静かに流れよ 渡辺日実 千葉師久

Secret
(非公開コメント受付中)

なんとなく一言
管理人

映(えい)

  • Author:映(えい)
  • マイペース更新。

    ラーメンを食べながら、時々本を読む社会人。
    心を揺さぶる本、価値観を変えてくれる本、爽やかさとともに苦さや切なさを感じさせる本、表現が美しい本、静かな感動を起こしてくれる本、心の奥深くに沁みる本、重さの中にも透徹した雰囲気を持つ本、知的好奇心をくすぐってくれる本、が好きです。


    おもしろそうなのがあったので始めてみた→コトノハ



    【お知らせ】
    PCのお気に入りに登録していたブログをサイドバーのリンクリストに移してます。
    あくまで自分のお気に入り的な感覚なので、「リンクする場合はご一報ください」などの断り書きのないブログさんは特に報告をしていません。
    被リンクを拒否したい方はお手数ですがコメントください。

    本ブログはもちろんリンクフリーです。
    (商用・アダルト・掲示板ログ的なブログを除く)








    ↓カウンター↓




    ↓ランキング参加中。気が向いたら応援よろしくお願いします。↓
    にほんブログ村 その他日記ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村
    ランキングバナー

    ↓新たなブログとの出逢いに。↓
    BlogPeopleガチャガチャブログ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ

2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【3件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【3件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【2件】
2015年 02月 【3件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 02月 【3件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 03月 【2件】
2012年 12月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 05月 【2件】
2011年 04月 【4件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【9件】
2010年 11月 【2件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【2件】
2010年 04月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【4件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【6件】
2009年 07月 【9件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【8件】
2009年 04月 【5件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【7件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【6件】
2008年 08月 【7件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【7件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【14件】
2008年 03月 【17件】
2008年 02月 【24件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【10件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【13件】
2007年 09月 【11件】
2007年 08月 【21件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【4件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【8件】
2007年 02月 【3件】
2007年 01月 【4件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【3件】
2006年 10月 【3件】
2006年 07月 【2件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【16件】
2006年 04月 【8件】
2006年 03月 【6件】
2006年 02月 【4件】
2006年 01月 【4件】

カテゴリー
記事
コメント
トラックバック
検索フォーム
RSSリンク
御用達
倉庫



↓ダジャレ図鑑(笑)↓



リンク(サイト名マウスオンで説明表示~)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。