*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
小説は創作だが、「戦争」はそうではない。 『永遠の0』
『永遠の0』  百田 尚樹 ★★★★☆



「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。
天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、一つの謎が浮かんでくる――。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。
(裏表紙より)







戦闘機乗りとして特攻で亡くなった一人の男の人生が、彼と共に時間を過ごし戦争を生き残った関係者たちの言葉から明らかになる、という話。そこに、その男の孫である主人公の青年とその姉の物語が絡み合ってくる。

この小説には、宮部久蔵という架空の人物に関わる人間として、実在した人物も多く登場する。
知識として特攻や戦艦、零戦、回天、桜花などについては少しは知っていたつもりでいたが、そこには現実に命を落とした生身の人間がいるということを、読みながら肌で感じた。
ちょうど本作を読んでいるときにテレビで劇場版相棒3を観たこともあって、私たちが今享受している「平和」とは何なのか、改めて考えさせられた。(以下、レビューから脱線するので追記内)



本作では、面子や経歴を重んじ、人を人とも思わず駒のように使い捨てにし、浅はかな作戦の元に若者を大勢死なせた軍上層部(もちろんすべての上層部がそうであった訳ではないが)の愚かさ、決して自ら志願し喜んで国のために死んだのではない特攻兵の姿が何度も描かれているが、それでも「戦争批判に見せかけた戦争賛美だ」という批判があるという。
それは、一人の特攻兵であった宮部の人生をことさら感動的、悲劇的に描くことで、結果的に特攻を美化している、ということらしい。

確かに、それは間違っているとは言えない。しかし、本人がそう思っていたにしろなかったにしろ、一個人ではなく国のために戦う兵士として亡くなっていった人たちをことさらに人間扱いしない方が、逆におかしいのではないかと思う。
戦争とはとても残酷で不条理なものであると同時に、そこには血の通った人間が関わっていて、一人一人の命の分だけ苦しみや悲しみがある。味方も敵もだ。本作は、その両面を描いているのに、一面だけを取り出して「戦争賛美だ」と批判するのは、違うと思う。

だからこそ、巻末の児玉清氏の「解説」は酷い。
「零戦ファンをわくわくさせる」「戦闘機のパイロットはまさに剣豪を思わせる存在であったことを知り、僕は拍手喝采した」「涙の流れ落ちたあと、僕の心はきれいな水で洗われたかのごとく清々しさで満たされた」など、ことさらに美化しているのは著者ではなく彼ではないかとすら思う。どこが「解説」だ。
私個人は、この作品からそんな清々しい感動などは感じなかった。宮部の生き方に胸が詰まるからこそ、そんな宮部を死に追いやった戦争の不条理さや苦々しさがより強く感じられた。
もちろん作品は著者の手を離れた後は読者のものであるから、作品をどう捉えようが個々人の自由だと私は思うし、結局著者の本当の意図などわかりはしないが、「解説」としてこんなものを載せていいのだろうかと思う。(考えようによっては、載っているということは著者がこれを良しとしたということなのか。そうであれば、私の感じ方の方が結果としては著者の意図とずれているということになる。それは個人的にはとても残念だ。)



☆-1は本筋とは関係のない部分なのであまり細かくは書かないが、処女作ということもあるのか、表現の部分で気になるところがいくつか見られた(違う人物が話しているのに、話題転換の表現(「話を戻そう」など)が一緒であることなど)。
それと、姉の恋愛話は必要だったのか…という疑問はあるが、過去に生きた人の人生を辿りながら今を生きる私たちが自分の人生を見直す、という意味においては、主人公の姉がそのモデルになって、私たちと作品を繋ぐ役割をしているのだろう。
それから、これも本筋からは脱線してしまうのだが、百田氏にはその言動がもとでアンチがかなり存在する。そのせいか、本作への批判にはかなり感情的なものも見られる。(ネタがネタだけに、元々賛否両論になるのは当然でもあるが。)小説である以上、作者の主義思想が反映されるのは当たり前だが、作者個人に関する情報が色眼鏡になって作品の見方を曲げてしまうのは残念に思う。



小説として一流だとは思わないが、戦争とはどういうものなのか今までよりも具体的にイメージできるようになり、戦争と平和について考え直すきっかけになったという意味では、私にとってはプラスになった。少しでも長くこの平穏な日常(あくまで私にとっては、だが)を保つためにも、過去の戦争の歴史についてきちんと学ばなければと思わされた。







==============

どうして本を読むのか。それは、物事を「相対的」に見るために必要だから。読書によって、自分を客観視する脳が鍛えられる。さまざまな事例やさまざまな人の心を読書によって感じとれるようになり、意識的か無意識的かは別にして、自分と照らし合わせることができるようになる。だから、大切なんです。(斎藤茂太)






今まで読んだ本の記録→本棚
レビューの記録だけでなく、引用も記録できるので、重宝しています。
引用だけをまとめて見ることもできるので、時々、まとめて読んでいます。

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

(追記)

劇場版相棒3では、生物兵器を作っていた男が、自分たちが生物兵器を作っていたのは国防のためだ、生物兵器や核兵器は非人道的な兵器だと言うならなぜ核兵器を持つことが許されている国とそうでない国が存在するのか、日本国民は平和ボケという病にかかっていると言う。それに対して右京さんは、あなたこそ国防という名の重い病にかかっていると断罪するのだが。

実際に、まさに目の前に核兵器や生物兵器を持った敵が現れた時、右京さんでは国民を守れない。
百田氏は、他国に攻められたら9条を守ろうと主張する人を前線に押し出そう、9条の力が本物ならそこで戦争は終わるはずだ、という過激な発言を過去にしている。それが正しいとはもちろん思わないが、綺麗事だけでは身を守れないのは事実だ。

考えてみると、人類が最初に武器(道具)を手にしたのは、食べ物である動物を手に入れ、自分たちの生活と命を脅かす動物から身を守るためだっただろう。しかし人類が互いに同じ食べ物や土地を求めた時、武器が相手に向けられるのにはそう時間はかからなかったはずだ。そう考えると、武器を「手放す」ことは、おそらく人類にはできまい。

私たちはどうすればいのか。考えてもなかなか答えは出ない。平和というのは、言葉にするのは簡単だが、実現するのは難しい。人類の歴史は戦争の歴史だ。
戦争をなくすことは、おそらく不可能だ。けれど、少なくすることはできるだろう。国民のほとんどが銃を持たず、兵役を課せられず、それでも世界で稀に見る国内の「平和」を手に入れた日本のように。

しかし、それがあくまで「一時的な」ものであり、世界の国々の間の思惑と良心と豊かな生活の危うい均衡の上に成り立っているものであることは自覚しなければならない。世界のあちこちに軍を送りながら本土が被害を受けることはないだろうと思い込んでいたアメリカで、同時多発テロが起こったように。(テロと戦争が違うことはもちろんわかっているが、武器を人を傷つけ殺すために使うという点では同じだ)
「終戦」「戦後○○年」と言うが、それはあくまで第二次世界大戦後という意味だ。けれど現代の私たちは、つい戦争そのものが終わって二度と起こらないものだと思ってしまいがちだ。これがいわゆる「平和ボケ」なのだろう、ある意味それほど幸せなのだろうが。
この「平和」は恒久的に続くものではなく、どれだけ続くかは今を生きている私たちにかかっているということを意識して生きていきたい。
関連記事

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

tag : 百田尚樹 永遠の0 戦争 零戦 特攻

Secret
(非公開コメント受付中)

なんとなく一言
管理人

映(えい)

  • Author:映(えい)
  • マイペース更新。

    ラーメンを食べながら、時々本を読む社会人。
    心を揺さぶる本、価値観を変えてくれる本、爽やかさとともに苦さや切なさを感じさせる本、表現が美しい本、静かな感動を起こしてくれる本、心の奥深くに沁みる本、重さの中にも透徹した雰囲気を持つ本、知的好奇心をくすぐってくれる本、が好きです。


    おもしろそうなのがあったので始めてみた→コトノハ



    【お知らせ】
    PCのお気に入りに登録していたブログをサイドバーのリンクリストに移してます。
    あくまで自分のお気に入り的な感覚なので、「リンクする場合はご一報ください」などの断り書きのないブログさんは特に報告をしていません。
    被リンクを拒否したい方はお手数ですがコメントください。

    本ブログはもちろんリンクフリーです。
    (商用・アダルト・掲示板ログ的なブログを除く)








    ↓カウンター↓




    ↓ランキング参加中。気が向いたら応援よろしくお願いします。↓
    にほんブログ村 その他日記ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村
    ランキングバナー

    ↓新たなブログとの出逢いに。↓
    BlogPeopleガチャガチャブログ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ

2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【3件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【3件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【2件】
2015年 02月 【3件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 02月 【3件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 03月 【2件】
2012年 12月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 05月 【2件】
2011年 04月 【4件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【9件】
2010年 11月 【2件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【2件】
2010年 04月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【4件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【6件】
2009年 07月 【9件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【8件】
2009年 04月 【5件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【7件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【6件】
2008年 08月 【7件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【7件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【14件】
2008年 03月 【17件】
2008年 02月 【24件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【10件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【13件】
2007年 09月 【11件】
2007年 08月 【21件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【4件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【8件】
2007年 02月 【3件】
2007年 01月 【4件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【3件】
2006年 10月 【3件】
2006年 07月 【2件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【16件】
2006年 04月 【8件】
2006年 03月 【6件】
2006年 02月 【4件】
2006年 01月 【4件】

カテゴリー
記事
コメント
トラックバック
検索フォーム
RSSリンク
御用達
倉庫



↓ダジャレ図鑑(笑)↓



リンク(サイト名マウスオンで説明表示~)