*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
ラノベっぽいと軽い気持ちで読んでいたら、終盤に思いきり突き放された。けれど感想を書いていたら、結局ラノベっぽくなってしまった。 『ボトルネック』
『ボトルネック』  米澤 穂信 ★★★☆☆



亡くなった恋人を追悼するため東尋坊を訪れていたぼくは、何かに誘われるように断崖から墜落した……はずだった。
ところが気がつくと見慣れた金沢の街にいる。不可解な思いで自宅へ戻ったぼくを迎えたのは、見知らぬ「姉」。
もしやここでは、ぼくは「生まれなかった」人間なのか。
世界のすべてと折り合えず、自分に対して臆病。そんな「若さ」の影を描き切る、青春ミステリの金字塔。
(裏表紙より)







文体が軽いというか表現がラノベっぽくて(漫画的?というのか。「平易」とはまた異なる。どちらかというと「安易」。)、題材もざっくり言うとパラレルワールドということで、さくさくと読めた。
昭和っぽい表紙イラストとは裏腹に、中盤まではミステリというよりファンタジー要素が強い。もちろん、家庭の不和、恋人の死など、暗い影を落とす要素も多々あるのだが、主人公リョウの「姉」にあたるサキが暗い雰囲気でも笑い飛ばしてしまう明るさと強さを持っていて、ともするとコメディぽい部分もあるほどなのだ。このサキのキャラクターとリョウとのやりとりは、個人的にとても気に入っている。

しかし、終盤に入ると、様相が一変する。不穏な気配がして、話がどんどんシリアスになっていく。パラレルワールドものにはお決まりの、主人公が成長して元の世界に戻り、ポジティブに新たな一歩を踏み出す―というお約束が覆され、リョウに突きつけられた現実とともに、結末は読者に完全に投げられる。(委ねられる、というやさしい感覚ではない。)
ポジティブに捉えるかネガティブに捉えるかも、読者次第になっている。
最後まで読んで初めて、あぁ、ファンタジーじゃなくてミステリだな、と納得させられるのである。
感想としては正直、うーん、というより、えー!?という感じ。



多分、もやもやしている最大の理由は、リョウの受けとめ方だ。
ざっくり言うと、「みんなが不幸になったのはボクのせいだったんだ、ウワーン」みたいな感じなんですが(違)
特に思春期にはよくある思考パターンだけど、どんだけ自意識過剰なんだと。
大体、「間違いさがし」だって片手とちょっと分くらいしかしていないんだし。
それに、乱暴な例だけれど、「今」の時点で例えばリョウの世界で死んでいた人がサキの世界では生きていたからといって、ひねくれた見方をすれば、サキの世界のその人が未来にもっと悲惨な死に方をするかも知れない。そのとき、リョウはどっちが「プラス」だったと判断するのか。

確かに、リョウが見てきた部分では自分のせいでって感じるのもわからなくはないけれど、とらえようによっては、それだけ世界におけるリョウの「重み」って大きいっていうことなんだから、それに気づいたこれから、どういう選択をするかによって、いくらでも運命は変わるっていう風にもとらえられるんじゃないかな。
自分一人いなくても、世界は何事もないかのように回っていく。それは確かだけれど、その「世界」は自分がいる世界とは、確実に違う。
一人の存在は、プラスかマイナスかなんて一つに決まるものではなくて、一人が色々な存在と複雑に絡み合って作っているものが世界そのものだから。
それはある意味、最後にリョウが感じていたようにとても怖いことだけれど、だからこそ選択は価値のあることでもあるのだと思う。
…なんて、感想を書いていたら結局三流のラノベになってしまった。
書きながら、ふと「バタフライ・エフェクト」を思い出した。



テーマは嫌いではないし、キャラクターもそれなりに魅力はある。ただ、感情移入できるほど十分に掘り下げられているとは言い難い。
テーマはそこそこに重い割には、文体が軽すぎて、表現に深みがない。
表紙のイラストも、ラノベにしては昭和くさいけれど、文芸小説にしては漫画的に過ぎる。
全体的に、ラノベにしては重く、かといって成人向けの小説にしては軽い、中途半端な印象を受けてしまった。
主人公の年代やテーマを考えても、中高生向けかな。

ちなみに、タイトルの「ボトルネック」という言葉は、中盤に新聞の引用として出てくる、のだが。
タイトルに据えた象徴的な言葉なんだから、ストレートに説明しちゃ駄目だろうと個人的には思う。しかも、完全に辞書的な文章(「ボトルネック…○○のこと。」みたいな感じ)の引用っていう、超ベタな説明のしかた。語感は悪くないけれど、使い方が良くない気がして、残念。
そもそも、根本的に「ボトルネック」って、主人公の世界の中での位置づけを表すにはちょっとニュアンスが違うような気がするんだけれどなぁ、なんとなく…。

☆3は、完全にサキのポイント。







==============

二度読む価値のないものは、一度読む価値もない。(マックス・ヴェーバー)




今まで読んだ本の記録→本棚
レビューの記録だけでなく、引用も記録できるので、重宝しています。
引用だけをまとめて見ることもできるので、時々、まとめて読んでいます。
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ

興味のあるジャンルの本にもっと出会うべく、こちらも始めてみました。


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

tag : ボトルネック 米澤穂信 パラレル ミステリ バタフライ・エフェクト

Secret
(非公開コメント受付中)

なんとなく一言
管理人

映(えい)

  • Author:映(えい)
  • マイペース更新。

    ラーメンを食べながら、時々本を読む社会人。
    心を揺さぶる本、価値観を変えてくれる本、爽やかさとともに苦さや切なさを感じさせる本、表現が美しい本、静かな感動を起こしてくれる本、心の奥深くに沁みる本、重さの中にも透徹した雰囲気を持つ本、知的好奇心をくすぐってくれる本、が好きです。


    おもしろそうなのがあったので始めてみた→コトノハ



    【お知らせ】
    PCのお気に入りに登録していたブログをサイドバーのリンクリストに移してます。
    あくまで自分のお気に入り的な感覚なので、「リンクする場合はご一報ください」などの断り書きのないブログさんは特に報告をしていません。
    被リンクを拒否したい方はお手数ですがコメントください。

    本ブログはもちろんリンクフリーです。
    (商用・アダルト・掲示板ログ的なブログを除く)








    ↓カウンター↓




    ↓ランキング参加中。気が向いたら応援よろしくお願いします。↓
    にほんブログ村 その他日記ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村
    ランキングバナー

    ↓新たなブログとの出逢いに。↓
    BlogPeopleガチャガチャブログ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ

2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【3件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【3件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【2件】
2015年 02月 【3件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 02月 【3件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 03月 【2件】
2012年 12月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 05月 【2件】
2011年 04月 【4件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【9件】
2010年 11月 【2件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【2件】
2010年 04月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【4件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【6件】
2009年 07月 【9件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【8件】
2009年 04月 【5件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【7件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【6件】
2008年 08月 【7件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【7件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【14件】
2008年 03月 【17件】
2008年 02月 【24件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【10件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【13件】
2007年 09月 【11件】
2007年 08月 【21件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【4件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【8件】
2007年 02月 【3件】
2007年 01月 【4件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【3件】
2006年 10月 【3件】
2006年 07月 【2件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【16件】
2006年 04月 【8件】
2006年 03月 【6件】
2006年 02月 【4件】
2006年 01月 【4件】

カテゴリー
記事
コメント
トラックバック
検索フォーム
RSSリンク
御用達
倉庫



↓ダジャレ図鑑(笑)↓



リンク(サイト名マウスオンで説明表示~)