*All archives* |  *Admin*

2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生の大きな目標を感じ、心が熱くなる作品。 『三十光年の星たち』
『三十光年の星たち』  宮本 輝 ★★★★☆

 


彼女にも逃げられ、親からも勘当された無職の青年、坪木仁志は謹厳な金貸しの老人、佐伯平蔵の運転手として、丹後・久美浜に向かった。乏しい生活費から毎月数千円を三十二年に渡って佐伯に返済し続けた女性に会うためだった。そこで仁志は本物の森を作るという運動に参加することになるのだが――。
若者の再起と生きることの本当の意味を、圧倒的な感動とともに紡ぎ出す傑作長編。
(上巻裏表紙より)







『青が散る』に心を揺さぶられて以来、宮本作品を続けて読んできたけれど、やっと『青が散る』と同じ空気感をもった作品に出逢えた気がする。

主人公は、弱いところもあるが、純粋で真っ直ぐな心をもった一人の青年。佐伯老人との出逢いを機に、人生の目的を見いだしていく。

『青が散る』の燎平が辰巳教授に導かれたように、主人公の仁志は佐伯老人に導かれる。
純粋な、それでいてまだ自分の道を見定めていない青年を、厳しく温かく見守る、人生の先達だ。
見えないものを見ようと努力する。自分を磨くには、働いて働いて働き抜くか、叱られて叱られて叱られぬくこと。人生の本当の勝負は三十年後から。
辰巳教授の言葉が多く印象に残ったように、佐伯老人が仁志に投げかけた言葉が心に残っている。

事件や病気など、「できごと」を核にした作品は、ドラマチックだし心を揺さぶりやすい。けれど、私が好きなのはそういう作品ではない。かと言って、なにげない日常を描いて、なんとなく心に沁みたり、ほのぼのできるような、ふわっとした作品でもない。日常の中にある葛藤や、人との出逢いを通した心の変化、日々の生活の中で見出す生きることの意味、真っ直ぐに生きることの大切さ、暗さや重さもありながらそれでもなお光り輝く青春―そういったものを描いた作品だ。
『青が散る』やこの作品のように、できごとではなく日常の中にある「生きることの意味」を正面から描いた作品は、どれだけあるだろう。

この作品に出逢えたことで、ようやく自分が求めているものが具体的にわかり始めた気がする。

(蛇足ですが、☆-1は、仁志と佐伯以外の登場人物の魅力が物足りなかったこと、所詮金持ちの話だよなぁ…と思ってしまう部分がどうしてもあったこと、「ツッキッコ」という店名のいまいちなセンス、表現の一つ一つとか、そういう細かい部分で、やはり『青が散る』のもつ研ぎ澄まされた透明感と重厚感には及ばなかったからです。)







==============

読書の時間を大切にしなさい。一冊の本との出会いがあなたの生き方を変えてくれることだってあります。(ジョセフ・マーフィー)




今まで読んだ本の記録→本棚
レビューの記録だけでなく、引用も記録できるので、重宝しています。
引用だけをまとめて見ることもできるので、時々、まとめて読んでいます。
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ

興味のあるジャンルの本にもっと出会うべく、こちらも始めてみました。


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

tag : 宮本輝 三十光年の星たち 人生

良くも悪くも「綺麗な話」ではなかった。 『錦繍』
『錦繍』  宮本 輝 ★★☆☆☆



「前略 蔵王のダリア園から、ドッコ沼へ登るゴンドラ・リフトの中で、まさかあなたと再会するなんて、本当に想像すら出来ないことでした」
運命的な事件ゆえ愛し合いながらも離婚した二人が、紅葉に染まる蔵王で十年の歳月を隔て再会した。そして、女は男に宛てて一通の手紙を書き綴る――。
往復書簡が、それぞれの孤独を生きてきた男女の過去を埋め織りなす、愛と再生のロマン。
(裏表紙より)







錦繍とは―①錦と刺繡をした織物。 ②美しい織物。立派な衣服。 ③美しい紅葉や花のたとえ。 ④うるわしい字句の詩文のたとえ。(三省堂)

タイトルが綺麗で、レビューの評価がとてもよかったこともあり、かなり期待していたのだが・・・。
個人的には、うーん・・・という感じだった。

序盤がかなり退屈で、けれど事件のあらましが明らかになるにつれて気持ちがぐっと入り込んできたところで、モーツァルトあたりから下り坂になって、最後は完全に低空飛行、といったところ。



なぜだろう、と考えてみて、いくつか思い当ったことがある。

一つは、書簡という主観的な形式がそもそも好みではなかったこと。

一つは、亜紀の文章が、極めて文学的な表現と口語的な表現とが混ざっていて、いちいち気になってしまったこと。あなたはもう送ってくるなと言ったけれど好きにさせてもらうわ、的な、本筋とは関係のない言葉が多すぎて、いちいち引っかかってしまったこと。
手紙っぽくしているということなのだろうが、どうせなら文語と口語どっちかに振り切って欲しかった。中途半端が一番気になる。

一つは、他の人のレビューを見てなるほどなと思ったのだが、極めて男性目線の(男性に都合のいい)女性の描き方であること。
これは村上春樹氏の作品でも感じたことだし、男性が作者である以上(女性がB/Lを描くのと一緒で)仕方のないことだとも言えるが、今までさほど気にならなかったのは、一人称が男性だったからだ。主人公の「男性のフィルター」を通して女性を見ていると思えば、そんなもんだと飲みこめる。
その点、この作品は書簡という形をとっている手前、女性の一人称で話が進む場面が多いので、どうしても違和感が大きい。

一つは、亜紀が、脳性まひをもって生まれた息子のことを「業」だと言っていたこと。それがわかった時だけでなく、小説の後半になっても、障がいをもって生まれたことをネガティブにとらえているように思われる表現が多々あり、どうしても引っかかってしまった。
これは、亜紀というより、著者の考え方が投影されているのではないだろうか。昔の小説だから仕方ないのかな、とは思うが。

そして、たぶん一番は、不倫をベースにした話であるということ。
有馬に至っては、男とはそういう(浮気をする)ものだから許せ、などとのたまう始末。
私たちは不思議なもので、ドラマや小説など物語としての「不倫」には美しさを見いだし、共感して盛り上がったりする。けれど、芸能人の「不倫」には、自分が被害を被ったわけでもないのに容赦なく大バッシングをする。身近な人の不倫であれば言わずもがな。
もちろん、現実的には倫理に反するからこそ、非現実の世界で楽しむという気持ちはわからないでもないのだが。
この小説は、決して不倫を美化したものではない。けれど、「愛と再生のロマン」などと言われてしまうと、何だかなぁ・・・という気持ちである。

とはいえ、良いと思ったところがあったとすれば、全体的な表現の美しさと、亜紀の父がなんとなく好きだったこと、そして由加子の死の「理由」を説明しなかった(させなかった)ことだ。
その点で、★2。実際には1.5くらいか。



「青が散る」にハマって宮本作品を読みだしたものの、未だに「青が散る」に匹敵するどころか、次ぐ作品にも出会えない。
初期の宮本作品をいくつか続けて読んでいるが、人間臭い作品が多い。
私が「青が散る」に感じた、深い湖のような、重厚な透明感を持った作品は、宮本作品の中ではむしろ例外的なのだろうか。






==============

読書百遍義おのずからあらわる。(「魏書(ぎしょ)」)




今まで読んだ本の記録→本棚
レビューの記録だけでなく、引用も記録できるので、重宝しています。
引用だけをまとめて見ることもできるので、時々、まとめて読んでいます。
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ

興味のあるジャンルの本にもっと出会うべく、こちらも始めてみました。


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 宮本輝 新潮 錦繍

種族を超えた友情の寓話は、私たち人間と重ねられるか。 『あらしのよるに 完全版』
『あらしのよるに 完全版』  きむら ゆういち=作 あべ 弘士=絵 ★★★★☆



累計350万部突破のロングセラー「あらしのよるに」(全7巻)が、2014年でスタートから20周年を迎えます。
オオカミのガブとヤギのメイの友情物語に感動した子どもたちも、もう大人になっているはず。「あらしのよるに」を次の世代に手渡すために、そして、あらためて読みなおして味わうために……。
7巻分の物語が一冊で読める、「完全版」の登場です。
(Amazonより)







オオカミとヤギの友情の物語。いわゆる寓話です。
「お昼ごはんといっしょに、お昼ごはんを食べるようなもんすから。あっ、こりゃ、しつれい。」など、クスッと笑える台詞や、心が和む場面もたくさんあるのだけれど、後半に向けてだんだん話が重くなってくる。(重く、とは言っても、子どもに読み聞かせるのにもちょうどいい程度ですが)

本能と理性の闘い、仲間と一人(匹?)の友のどちらをとるか、どんな状況でも友だちを信じられるか、苦しい時に自分よりも友だちを大切にできるか、友だちの欠点や自分と合わないところも受け入れられるか、そして、見かけや所属ではなく「心」を見ることができるか。
人間に置き換えてみると、おとなでも考えさせられることがたくさんある。
第6章「ふぶきのあした」で、いよいよお互いに生きるか死ぬかとなった時、お互いを「いのちをかけてもいいと思える友だち」だと思えた場面は、心にぐっときた。

絵もとても温かく、素敵でした。
あとがき対談によると、表紙の絵は、いろいろな色を塗った紙の上から黒いクレヨンを塗って削って・・・ではなく、あとから色を入れる形で書いているようです。大変だから・・・。(うーん要らん情報だった気も・・・)







==============

書物は青年時代における道案内であり、成人になってからは娯楽である。(コリアー)




今まで読んだ本の記録→本棚
レビューの記録だけでなく、引用も記録できるので、重宝しています。
引用だけをまとめて見ることもできるので、時々、まとめて読んでいます。

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 絵本 あらしのよるに きむらゆういち あべ弘士

「動的平衡」という言葉の衝撃。 『生物と無生物のあいだ』(追記)
『生物と無生物のあいだ』 福岡伸一 ★★★★★



生命とは何か?生命科学最大の謎に迫る!
生物も無生物も、原子から成り立っている。しかし我々は瞬時にその違いを見抜く。
いったい何が両者を分かつのか?
ミステリー仕立てで読ませる分子生物学入門!
(Amazonより)









以前に書いたレビューの追記です。



著者は、「生命とは何か」という永遠の問いに対して、一つの答えを出している。それが、

「生命とは動的平衡(ダイナミック・イクイリブリアム)にある流れである」(P167)

である。
この「動的平衡」という言葉は、私にとって大きな衝撃だった。
著者のこの「生命の捉え方」は、私の世界に対する見方を全く変えてしまった。そして、今までよりも遥かに大きな世界が現れた。



日々の「人間としての生活」の中で汲々とする中で時々この本を読み返すと、ふと自分を俯瞰的に見ることができて、ありきたりな言い方になるが、自分はなんて小さい存在なのだろうと感じる。
それは満天の星空を眺めているときの気持ちに似ている。
こんな宇宙の深淵をいつも見つめながら、それを追究することのできる研究者は、なんて幸せな職業なのだろうと思う。
ノーベル賞を受賞した研究者たち―とりわけ応用ではなく純粋理学の研究者たちは一様に、自分の興味のあることを追究してきただけだ、というような感想を言うけれど、あれは一時の社交辞令的な謙遜ではなく、真実なんだろう。
宇宙の深淵に比べれば、人間が作った一つの賞など取るに足りないのだから(それが人間社会の中ではどんなに価値を持つものであっても)。






==============

本を読むということは、自分の知らない世界がもっとあるということを知ること。(岩田徹)




今まで読んだ本の記録→本棚
レビューの記録だけでなく、引用も記録できるので、重宝しています。
引用だけをまとめて見ることもできるので、時々、まとめて読んでいます。

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 動的平衡 福岡伸一 生物と無生物のあいだ

川を舞台にした、人間の命溢れるドラマ。 『泥の河 螢川 道頓堀川(川三部作)』
『泥の河 螢川 道頓堀川(川三部作)』  宮本 輝 ★★★☆☆



よどんだ水に浮ぶ舟べりから少年は何を見たのか?
幼い眼でとらえた人の世のはかなさを描く、処女作「泥の河」。
北陸・富山に舞う幾万の螢を背景に、出会い、別れ、そして愛を濃密な情感と哀切な叙情にこめてとらえた「螢川」。
ネオン彩る都会の一隅にくりひろげる父と子の愛憎劇を軸に、男たち女たちの人情の機微をからめた「道頓堀川」。
川を背景に独自の抒情を創出した宮本文学の原点三部作。
(裏表紙より)







「泥の河」
太宰治賞を受賞した、著者のデビュー作。
著者自身のあとがきにもあるが、『青が散る』と比べると(ここから宮本作品に入ったので、どうしても比べてしまう)やはり言葉が多いように思う。読み始めてから作品に入るのにだいぶ時間がかかった。
しかし、子ども特有の繊細さや危うさ、貧困と倫理(例えば、死んだ人の物を盗むか盗まないか)、そして大人の性を一つ一つ浮びあがらせていく筆致に、気づけば作品の世界にのめりこんでいた。青く燃える蟹と、波打つ男の背中が目の前に浮かぶ。読後は、何とも言えない感情で胸がいっぱいになる。
これがデビュー作、当時著者は(計算上)30歳であったことを思うと、この表現力と構成力はさすがと言うほかない。

「螢川」
特に印象なし。儚い蛍と人の生を重ねるのは、他の作品でもよく見かける。テーマは全く違うが、「火垂るの墓」なんかと比べてしまうと、深みが足りない感は正直否めない。
芥川賞を受賞した作品らしい。うーん・・・。

「道頓堀川」
三部作の中では一番明るい(光と影の光の部分が強い)作品。武内と政夫の親子を軸に話が進む。武内の若いころから政夫が同じくらいの年になるまでが描かれており、短編というより中編の分量。
武内と、武内に世話になっている政夫の友人の邦彦の視点で話が進む。途中で語り手が変わる作品は、個人的にあまり好きではない。登場人物が多いこともあって、読み進んである程度人物のイメージが浮かぶまでは混乱してページを戻ることもあった。ただ、実際、人は色々なところで色々な人と関わって生きているから、そういう意味ではリアリティを感じる部分でもあるか。
最後の武内と政夫の勝負には、胸が熱くなった。
登場人物の中では、ゲイボーイのかおるがいい味出していて、個人的に好きでした。

三部作を通して見てみると、どれもひんやりとした死の匂いがする。だからこそ、その裏返しで「生」が熱を帯びた動的なものになる。哀しさの中にあっても前を向いて生きていく、静かな力強さを感じる。
田舎や地方、特に大阪を舞台にした作品は人間臭さが強すぎて苦手なのだが、裏を返せばそれだけ情景や心理描写がリアルだということでもある。人間の感情と関係の描き方、情感鮮やかなクライマックスへ向かうストーリーのもっていき方、土の匂いや太陽の熱までも感じさせられるような表現の豊かさには、感動さえ覚える。
けれど、それと好きかどうかは別だ。好きかどうかと言われれば好きではないのだが、緻密で重厚で素晴らしい作品だと思う。






==============

人間は書物のみでは悪魔に、労働のみでは獣になる。(徳冨蘆花)

至言です。
私の職業(教員)は、言ってみれば書物と労働の両方を兼ね備えた職業ではありますが、その分自己を過信しないように気をつけなければいけないのだと思います。




今まで読んだ本の記録→本棚
レビューの記録だけでなく、引用も記録できるので、重宝しています。
引用だけをまとめて見ることもできるので、時々、まとめて読んでいます。

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

tag : 宮本輝 川三部作 泥の河 螢川 道頓堀川 芥川賞 ちくま文庫

なんとなく一言
管理人

映(えい)

  • Author:映(えい)
  • マイペース更新。

    ラーメンを食べながら、時々本を読む社会人。
    心を揺さぶる本、価値観を変えてくれる本、爽やかさとともに苦さや切なさを感じさせる本、表現が美しい本、静かな感動を起こしてくれる本、心の奥深くに沁みる本、重さの中にも透徹した雰囲気を持つ本、知的好奇心をくすぐってくれる本、が好きです。


    おもしろそうなのがあったので始めてみた→コトノハ



    【お知らせ】
    PCのお気に入りに登録していたブログをサイドバーのリンクリストに移してます。
    あくまで自分のお気に入り的な感覚なので、「リンクする場合はご一報ください」などの断り書きのないブログさんは特に報告をしていません。
    被リンクを拒否したい方はお手数ですがコメントください。

    本ブログはもちろんリンクフリーです。
    (商用・アダルト・掲示板ログ的なブログを除く)








    ↓カウンター↓




    ↓ランキング参加中。気が向いたら応援よろしくお願いします。↓
    にほんブログ村 その他日記ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村
    ランキングバナー

    ↓新たなブログとの出逢いに。↓
    BlogPeopleガチャガチャブログ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ

2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【3件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【3件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【2件】
2015年 02月 【3件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 02月 【3件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 03月 【2件】
2012年 12月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 05月 【2件】
2011年 04月 【4件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【9件】
2010年 11月 【2件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【2件】
2010年 04月 【2件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【4件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【6件】
2009年 07月 【9件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【8件】
2009年 04月 【5件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【7件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【6件】
2008年 08月 【7件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【7件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【14件】
2008年 03月 【17件】
2008年 02月 【24件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【10件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【13件】
2007年 09月 【11件】
2007年 08月 【21件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【4件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【8件】
2007年 02月 【3件】
2007年 01月 【4件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【3件】
2006年 10月 【3件】
2006年 07月 【2件】
2006年 06月 【7件】
2006年 05月 【16件】
2006年 04月 【8件】
2006年 03月 【6件】
2006年 02月 【4件】
2006年 01月 【4件】

カテゴリー
記事
コメント
トラックバック
検索フォーム
RSSリンク
御用達
倉庫



↓ダジャレ図鑑(笑)↓



リンク(サイト名マウスオンで説明表示~)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。